カラーセラピー資格ランキング

信号機、企業のロゴ、ファッションなど世の中には色を有効活用した例がごまんとあります。色というのは人間の心理に大きく影響しており、色を効果的に扱うことで気持ちをある程度操作することも可能だという事が最近の研究では分かってきました。そんな中、色彩療法という診療技術が生まれました。落ち込んでいる人でも色彩環境にちょっと気を払うことで元気することができるカラーセラピーの資格を取ってみませんか?!

1位 日本アロマメディカル心理セラピー協会のカラーセラピー

理由: 世の中にはたくさんの色がありますが、そのひとつひとつに効果があり、その効用を把握しているのがカラーセラピストと呼ばれる人たちです。カラーセラピストは悩める人とカウンセリングを通しながら、その人に最適な色彩環境を整える事を目指します。
カラーセラピストになるための資格試験はいくつかの団体が主催していますが、中でも日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催するカラーセラピーの資格試験がオススメです。当協会の資格試験は2か月おきに開催されています。受験資格も特になく、在宅受験、インターネットでの申し込みと簡単に受験手続を完了する事が可能です。

2位 カラーアドバイザー

理由:カラーアドバイザーとは、人間を取り巻くすべての環境における色彩環境について的確な助言、指摘を行い、より良い方向へと導く知識と技術を備えた、色のプロフェッショナルを指しています。色は人間の心理状態に大きく影響を及ぼし、精神療法に応用されるだけでなく、ビジネスシーンにおいても活用されています。企業がどのような色・配色のロゴにするのかはその企業のイメージを大きく左右するモノでありますし、商品を作る際にも配色にこだわらなくてはなりません。また、住環境や公共空間など人々の生活シーンでも色というのは大きく影響します。落ち着いた雰囲気を出すにはこの配色、シャープなイメージを出すにはこの色、とその決定には知識と経験が必要となります。カラーアドバイザーは色の基本的な役割や様々な歴史、配色の技術などの知識を駆使して状況に合わせた色を選びます。
試験日程は偶数月に組まれており、在宅での受験が可能です。自分の生活にすぐに役立てる事もでき、気軽に始められる資格となっています。

3位 TCカラーセラピスト

理由:TCカラーセラピーとは、精神的に悩みを抱えた人が現在どのような精神状態にあるのか、過去どのような経験をし、どんな未来があるのか、そしてその本質を色から見抜く診療方法です。自分の気持ちを言葉にするというのはなかなか難しいものであり、心のストレスを抱えた人はこの傾向が顕著です。TCカラーセラピストはこのような人達に対し、ヒアリングを重ねるのではなく、色を選んでもらうという新たな切り口でその人の心理状態を読み解きます。選択する色にはその人の心理状況が如実に反映されるからです。
この資格は5時間の講習を受けることで取得できるため、初心者でもかなり気軽に始める事ができます。ただ、在宅での受講はできないのが難点です。

4位 カラーセラピスト

理由:ひとつひとつの色の持つ効果を理解し、効果的に駆使することで精神的、肉体的な改善を施すのがカラーセラピストです。このスキルは色彩療法として用いる他にも、ネイルサロンやファッションコーディネート、インテリアコーディネートへと応用する事も可能です。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler