日本安全食料料理協会を知りたくて口コミ評判をまとめてみました

食のスペシャリストに必要な資格取得をサポートする

日本安全食料料理協会(JSFCA)は、食のスペシャリストとして一定の水準以上のスキルや技術が備わっていることを認定する資格を提供しています。

現代は食育に関心の集まる時代であり、その食文化において各自の持つスキルが社会的に地位を確立するような人材育成を目的としたその認定資格の種類は、コーヒー、紅茶、ワイン、スパイス、漢方、ハーブまでと幅広く、主に女性からの人気度が高まっています。

日本安全食料料理協会が提供するのは「認定試験」ですので、受験するためにはそれぞれの資格についてある程度の知識が必要となります。

知識の習得は通信講座などで学ぶことができます。これらの教育機関を日本安全食料料理協会では「JSFCA認定校」として推奨しており、年々、日本各地に認定校が設けられると同時に受験希望者も増え、口コミや評判も相まって認定資格の認知度が広まってきています。

趣味の延長で知識の幅を広げたり、講師として仕事に活用するなど、認定試験受験する方は、様々な目的で取得は様々です。

どんな認定資格が取得できるのか?

日本安全食料料理協会の認定資格は下記の10種類です。

「コーヒーソムリエ」

「カフェオーナースペシャリスト」

「紅茶アドバイザー」

「紅茶マイスター」

「ワインコンシェルジェ」

「スパイス香辛料アドバイザー」

「ハーブライフインストラクター」

「薬膳調整師」

「漢方コーディネーター」

「和食エキスパート」

日本安全食料料理協会の口コミや評判から、人気度の高い認定資格を知ることができます。

コーヒーチェーン店で働きながら認定資格を取得した方やバリスタを目指して受験する方、また、自宅で美味しいコーヒーを淹れたい方など、「コーヒーソムリエ」認定試験を受ける方の理由や年齢、職業は様々あります。カフェを開業するにあたり「カフェオーナースペシャリスト」の取得を希望する方も多く、「コーヒーソムリエ」と合わせての取得でビジネスに活かせる一歩進んだスキルを身につけることができると評判です。

ワインコンシェルジェの認定資格は、ワインの種類や組み合わせの仕方を知ることができるので、レストランやパーティに参加した際コミュニケーションツールとして大いに利用しているという方、また、主婦の方でワイン好きが高じてこの資格を取得し、今や自宅でワインセレクトのワークショップを開いている方もいます。

その他、漢方薬は天然の原料から作られているため副作用がほとんどなく、これからの日本においてますます需要が深まることが予測されます。漢方薬の効能の素晴らしさに魅せられ、その興味が高じて取得する方が多い漢方コーディネーター認定資格も受験希望者が多く人気の高い資格となっています。

認定資格はどのように活用できるのか?

日本安全食料料理協会の口コミと評判で最も多いのは在宅受験というメリットです。申し込みもインターネットからできるので、仕事をしている忙しい方でも簡単に受験することができます。また、試験は2ヶ月ごとに行われているため、取得するチャンスがたっぷりと与えられていて安心です。

趣味の延長からビジネスまでと認定資格の取得目的は様々ありますが、日本安全食料料理協会の認定資格は実用的で持つことでスキルの所有を証明できるので、講師として活動したい方にはもってこいの資格です。

例えば、カフェオーナースペシャリスト、紅茶アドバイザー、紅茶マイスター、薬膳調整師は、自宅やカルチャースクールで講師として教えることができるため、独立開業したい方々に大変人気があります。その中でも特に、紅茶マイスターや薬膳調整師は、マーケティング戦略や運営の基礎知識も一緒に学ぶことができるのでビジネスチャンスに繋がりやすく、ここ最近では大きく注目されている資格です。

以上、日本安全食料料理協会の口コミや評判からおわかりの通り、食の認定資格はあなたが夢中になれる知識をライフワークにするサポートをしてくれるに違いありません。今すぐ協会のホームページをチェクしてみませんか。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler