ピンク色

■ピンク色の性質

黄色は、「温暖色」「柔軟色」「進出色」の性質を持っています。

温暖色

ピンク色は桜の花をイメージさせ、春のぽかぽかと暖かい心地よさを感じさせてくれる色です。愛情を表す色なので、身も心もあったかくしてくれます。

柔軟色

淡くふんわりとしたピンク色は、柔らかいイメージを持ちます。赤ちゃんなど繊細なものや、また女性の可愛らしい印象を与えます。

進出色

ピンク色は、明度や彩度が明るめの色なので、青や緑などの濃い色と比べて前に飛び出しているように見えます。

■ピンク色の心理効果

ピンク色は、見ているだけで優しい気持ちにしてくれる色。子宮を無意識に想像し、お母さんの愛情に包まれているイメージを連想させ、心を癒やしてくれる効果があります。優しい気持ちがあふれだして、幸福感でいっぱいにしてくれるので、恋愛をしたい時や愛されたいと思った時に使うと効果的な色です。

また、女性ホルモンの分泌を促進してくれる効果もあります。少女のような可愛らしさや女性らしさを引き出してくれるだけでなく、女性特有の生理不順などのトラブルの緩和にも役立ちます。

一方で、ピンク色は甘いイメージを与えますので、見ているとついつい甘いものが欲しくなってしまいます。特にダイエット中の方は、ピンク色はあまり使わない方がいいかもしれません。

■ピンク色から連想する抽象的イメージ

女性らしい、可愛らしい、ふんわりしている、ふわふわ、柔らかい、幼稚、乙女心、恋、愛情、ロマンチスト、甘え上手、気がきく、繊細、ぶりっこ、セクシー、いやらしい、春、開放感、感謝、優しい、若い、デリケート、甘い、柔らかい

■ピンク色から連想する物体的イメージ

桜の花、桃、コスモス、女の子、女性、少女、子供、赤ちゃん、化粧品、口紅、チーク、フラミンゴ、ハム、いちごミルク、たらこ

■ピンク色の性格・キャラクター

ピンク色を好む人は、優しい気持ちや気遣いを大切にする人。また、女性らしさを大切にしていて、いつでも可愛く、美しく見られたいという願望も持っています。どれだけ歳をとっても心身ともに若々しくいたい、いようと思っています。なので、お肌のお手入れなど美容面にも気を使っていつまでも美しくいようと努力します。

恋愛面においては甘え上手で、愛するよりも愛されたい願望が強い傾向にあります。またロマンチストで、結婚をしていても、ずっと恋する気持ちは忘れたくないとも思っています。

男性でピンク色が好きな人は、心がやさしく甘えたがりの一面があります。そんな風に見られたい時は、淡いピンク色のワイシャツを着ると同じようなイメージを与えることができます。

まとめ

いかがでしたか。ピンク色は女性らしくかわいいイメージを与える色。新しく恋をはじめたい、ときめきを感じたいなど、恋愛運をアップさせたい時に取り入れると効果的です。おすすめなのは、ファッションや普段持ち歩く小物でピンクを使うこと。「ピンクの服はちょっと苦手。。」という方でも、意外と鏡の前で自分に当ててみたらしっくりくるかもしれません。ピンクにも色々なピンクがありますので、是非あなたのお気に入りを見つけて素敵な恋をゲットしてください。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler