ベージュ色(肌色)

■ベージュ色の性質

茶色を白っぽくしたベージュ色は、茶色の持つ土の気質である安定感と、落ち着いた色であることから落ち着いた安心感という性質を持っています。

■ベージュ色の心理効果

ベージュ色は、身の回りに自然と存在している色なので、あまり注目したり関心を与える色ではありませんが、様々なイメージを与えている色の一つです。ファッションで取り入れると、落ち着いた大人っぽい印象を与え、女性の場合は女性らしさを際立たせキレイに見せてくれます。また、着ている本人が穏やかな気持ちになれるだけでなく、相手にも安心感を与えることができます。

インテリアにベージュを使うと、同じ様に安心感や落ち着いた雰囲気の空間をつくることができます。また、ぬくもりを感じて穏やかな気持ちになるので、夫婦や家庭内で円満な生活を築くことができます。風水の上でも開運の効果が期待できますので、インテリアでたくさん取り入れると運気がアップしておすすめです。

■ベージュ色から連想する抽象的イメージ

ナチュラル、オーガニック、自然、地味、無難、リサイクル、エコ、優しい、落ち着いている、自信、安心、ぼやけている、大人っぽい、健康的、高級、シック、目に優しい、ババ臭い、品がある、ヌーディー

■ベージュ色から連想する物体的イメージ

砂、砂漠、肌、肌着、クリーム、ざらばん紙、生成り、象牙、裸、羊毛、きなこ、じゃがいも、大豆

■ベージュ色の性格・キャラクター

ベージュ色を好む方は、一見地味で目立たないイメージを持ちますが、自分に自信がある表れでもあります。そして、いつも心穏やかで落ち着いた大人の雰囲気を持っています。安心感を与える存在なので、年上年下を限らず慕われて、頼りにされます。また、聞き上手なので友達など、人の話を聞いたり相談にのることが得意です。

また、争いごとを嫌い、穏やかで平和な雰囲気を好みます。友達だけでなく家族を大事にしますので、結婚後も円満な家庭を築く傾向があります。ベージュに赤色をアクセントとしてインテリアに取り入れるとより家庭運がアップさせることができます。

ベージュ色が気になりだした方は、今の自分に自信を持ちだしたサインでもあります。今の気持ちや自信に満ちたエネルギーを持続させるために、ベージュのアイテムを取り入れるとより効果的です。

まとめ

ベージュが大好きだったり、意識的に好む色ではないかもしれませんが、私たちに大きな影響力を与えている色です。周りを見渡してみればベージュは色々な所やものに使われていることに気付かされると思います。そして、その色を見て触わることで、心が優しくなったり癒しを感じると思います。犬や猫の毛もベージュ系が多いですが、もしかしたらその存在だけでなく、視覚的にも癒やされる要素があるのかもしれません。ファッションにおいては、地味でババ臭いと敬遠しがちですが、自分にだけでなく相手にも安心感を与えて落ち着く色です。穏やかな気持ちになったり雰囲気を出したり時には効果的な色ですので、そんな時はぜひ積極的に取り入れてみてください。まずは、長時間過ごす自宅のインテリアや、定番で使いまわせるカーディガンなどのファッションアイテムとして取り入れるとよりその効果が実感しやすいと思います。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler