コーラルピンク(珊瑚色)

■コーラルピンク色の性質

コーラルピンク色は、「温暖色」の性質を持っています。

温暖色

赤とオレンジ色の中間色のコーラルピンクは、それぞれの色と同じ様に温かみを感じられる性質を持っています。

■コーラルピンク色の心理効果

コーラルは珊瑚という意味ですが、コーラルピンクの珊瑚は中でも高価で貴重なもの。珊瑚は外側が固く内側は柔らかいように、一見しっかりと守られている様に見えますが、本当は繊細な一面を持っているというイメージを与えます。また、ピンクと赤の性質を持っているので、女性的で可愛らしく、守ってあげたくなるような印象も与えます。

コーラルピンクには、愛情や安心感を得られる心理効果がありますので、心の癒しが必要なと時にファッションや小物、インテリアに取り入れると効果的です。過去のトラウマから解放されるためのアイテムとして、コーラルピンク色のものを取り入れるのもいいでしょう。

コーラルピンク色が気になりだしたという方は、誰かに愛されたい、守られたいと感じているのかもしれません。そんな時にこの色を生活に取り入れると、暖かい愛情に包まれているような感覚になれて効果的です。

■コーラルピンク色から連想する抽象的イメージ

可愛らしい、女性的、お母さん、愛、愛らしい、暖かい、安心、保守的、調和、ぬくもり、繊細、優しさ、共存、支えあい、助け合い、依存、甘え、傷ついている、包容力、感受性、包容力

■コーラルピンク色から連想する物体的イメージ

珊瑚、アクセサリー、花、バラ、カーネーション、お守り、口紅、ネイル、桃

■コーラルピンク色の性格・キャラクター

コーラルピンク色を好む方は、人のことを自分のことのように考えられる優しい心の持ち主です。感受性が強いので、相手が思っていることを自然と感じ取ることができるからです。ただ、プラスの感情だけでなく、マイナスの感情も受け取ってしまいます。

社会や家族間など、人間関係においては競争をして優劣をつけあうのではなく、平和や調和を一番大切にしています。そのため、周囲を調和の取れた和やかで穏やかな雰囲気をもたらすことができます。

一方で、調和を重んじすぎると他人に依存しやすくなる傾向があります。もしそうなってしまった時は、ありのままの自分を受け入れて、自分を深く愛することが大切です。自分と似たような相手と一緒にいることよりも、自分とは正反対の性格や雰囲気を持った方と一緒に過ごすようにすると、自分への愛情が注ぎやすくなるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。コーラルピンク色は、ただ愛らしく可愛いというイメージを与えるだけで、繊細で傷つきやすいという心理効果も秘めています。見た目は強そうでしっかりしているように見えるけれど、本当はデリケートな個々を持っている女性やお母さんみたいですよね。コーラルは、古くから出産や長寿などのお守りとしても利用されてきました。あなたの身の回りのお友達や家族などにプレゼントすることで、あなたの優しさを相手により効果的に伝えられるのではないかと思います。見ているだけで、お母さんに抱かれているような愛情を感じることができる色ですので、あなた自身の心をほっこりと癒されたい時にも是非利用してみてください。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler