色の効果で恋愛体質になろう

現代の恋愛事情

いつだったか、恋愛結婚に関するニュースがありました。若い人達の恋愛離れが進んでいると。あるデータによると、恋人が欲しいと思う人の割合が約60%くらい。欲しくない人が約40%もいるのです。恋人は欲しくないと思っている人が結構いるように感じます。なぜ欲しくないのか、その理由で特に多いのが「恋愛がめんどう」「趣味に時間を使いたい」だそう。次に多いのが「恋愛に興味がない」「仕事や勉強に力を入れたい」だそう。

現代の女性は結婚して家庭を守るというより、外に出て仕事をし自分の趣味を持つ、というアクティブになってきているように思います。そういう女性が恋愛しようとすると恋人に会うために仕事や趣味の時間を調整する必要があります。それを苦に思わなければいいのですが、「楽しい趣味の時間が減るのは嫌だ」と思ってしまうと、恋愛は難しくなります。趣味の時間を優先にすると恋人は怒る。恋人を優先にすると趣味の時間がなくなる。じゃあどちらかにしようと思った時、会う時間が取れなかったり待ち合わせに遅れたりすると機嫌が悪くなるような恋人だと、めんどうになって別れてしまうという結果になる事も。

一方で男性も、自分からアプローチ出来ないという人が多いようです。若い人の恋愛離れは、男女共に、特に女性が積極的に社会に出て自立をしている結果、恋愛より楽しい趣味を見つけたり、習い事をしたり自分の時間を大事にする人が増えたという事でしょう。

恋愛する気持ちになる

若い人の恋愛離れはあるものの、相手がいれば恋愛したいと思う人もいます。相手がいればといっても、本気で恋愛しようと思わないと素敵な人がいても目に留まる事がなく、結果「なかなか出会わない」「出会いの場がない」になってしまいます。恋愛するためには、「恋人を作る!」という強い気持ちにならないといけません。本気でそう思えたら、素敵な人がいても目に留まらない、なんて事にならないのでは。

色の効果で恋愛体質を作る

恋愛体質とは、「常に恋愛を求め、会話はいつも恋愛話をする人」というイメージですが、個人的には「仕事や趣味、友達だけでなく異性にも目を向けられる人」と考えます。恋愛はめんどうだという人もいますが、そんなにめんどうな事でしょうか。相手にもよるでしょうが、仕事に趣味に恋愛にと充実した日々になりそうだと思うのは、私だけでしょうか。

異性に目を向けられる人になるために、色の効果を利用してみては?という提案です。恋愛に関係している色と言えば「ピンク」ですが、他の色も恋愛に役立つパワーを持っています。

  • ピンクの効果

身に付けると優しい気持ちになり、女性らしさがUPします。周りも優しい雰囲気になります。

  • オレンジの効果

楽しさや積極性を表し、身に付けると明るい気持ちになりコミュニケーション力が上がります。異性とコミュニケーションを取りたい時におすすめの色です。ただし、同姓とのコミュニケーションにはNG。

  • 黄色の効果

黄色は人と仲良くなりたいと思う時に役立ち、その明るい色からアピール力を上げる効果があります。

  • 水色の効果

水色は一見クールに見えますが、コミュニケーションや自己表現といった意味があります。また、変化するといった意味もあるので、変化するためのコミュニケーション効果となります。つまり、恋愛するために自分を変え、異性とコミュニケーションを取る、と言う事ですね。

まとめ

人によって意見は様々ですが、「恋愛=めんどう」決してそんな事はないと思います。恋愛したいと思うなら、本気でそう思う事。異性を受け入れるための恋愛体質を作る事。そのために色の力を借りてみましょう。恋愛に役立つ色はピンクばかりではないので、自分に合った色の効果を取り入れてみてください。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. マカロン
  5. coler