カラーセラピー・恋愛に相性が良い色

恋愛に効果的な色は確実に存在する

感情や心理状態に大きな影響力を持つカラーセラピー。色彩心理学に基づいたカラーセラピーには、恋愛と相性が良く、恋愛に役立つ色はあるのでしょうか。色には、心情を表したり、心に向けたメッセージが込められています。この効力は、ファッションやアクセサリーなどとして身に付けることで、魅力を高めることができます。まさに恋愛に相応しい色となるわけです。また同じ重さのモノでも、黒と水色では体感の重さに違いが出ることが実証されています。人に与える影響力がいかな大きいかがわかります。これらの色の特性や効果を把握していれば、運勢を高めることができます。特にメイクや服装に力を入れる恋愛面では、非常に効果的になるはずです。それでは、このカラーセラピーにおける恋愛に相性が良い色について説明していきます。

恋愛に相性が良い色①・ピンク

恋愛、幸せ、思いやりなどをもたらす色とされます。女性らしさや女性の魅力を高める面もあります。本質的な愛を表し、恋愛に夢中だったり、幸福感を感じていたり、愛や幸せを望む時にピンクを好むようです。自分を愛することで心が満たされ、愛する気持ちが外にあふれ出して、愛を引き寄せるとされます。甘えや甘さをもたらし、人への依存心が強くなります。心身を若返らせ、人生に張りを与える効果もあります。無条件の愛から大きな包容力を持つことにつながり、人に安心感を与えるとされます。また、ピンクは肌を美しく華やかに魅せる色でもあります。恋愛に必要な要素を一番持っているので、恋愛に最適な色となります。

恋愛に相性が良い色②・赤

恋する乙女のようなイメージのピンクに対して、赤には自立した大人の恋愛のイメージがあります。情熱や躍動感をもたらし、人の目を引く色とされます。外見や内面の関心を集めやすいとも言えます。身体的に赤は、アドレナリンの分泌を促すとされ、ここから人を興奮させる効果があるようです。これには、性的な興奮も含まれています。何事も積極的になれ、すぐに行動に移すとされます。交感神経を刺激するので、性格的に明るくなり、物事を楽しく捉えます。テンションを上げて、魅力度も高める効果もあります。恋愛に必要なノリや雰囲気が演出できる色となります。

恋愛に相性が良い色③・オレンジ

人間的な暖かさや豊かさ、温和な性格、幸福感や洞察力をもたらす色とされます。思慮深さや思いやりといった意味もあります。オレンジにも、人を惹きつける不思議な雰囲気が漂うようです。人はオレンジに精神的なパワーを感じて、引き寄せられるとされます。カリスマ性もあり、男女を問わず人気者になれるので、恋愛のチャンスが多くなります。社交的で自信に満ち溢れていることを示す色です。冒険心が旺盛となり、心身のバランスが整うとされる効果もあります。オレンジを身に着けていると、初対面の人でも好感を抱きやすくなるとされます。ただし度が過ぎると個性的な面が強調されるようです。恋愛をスムーズにする色となります。

まとめ・恋愛に影響力がある色を活用する

カラーセラピーに取り入れられている色彩心理学には、人の心に働きかける要素が多分にあります。これに基づいた恋愛に相性の良い色には、ピンク、赤、オレンジがあることがわかります。これらの色をファッションなど取り入れると、恋愛が格段に良好になるようです。ピンクが一番最適で、恋愛に必要な思いやりをもたらし、女性の魅力を高めます。甘さや安心感が漂います。赤は、大人の落ち着いた恋愛に関わる積極性などをもたらします。恋愛を情熱的にします。オレンジは、性格的な暖かさと社交性などをもたらします。好感度も高めます。いずれも、恋愛に大きな影響力を持つものになります。恋愛に相性の良い色を活用して、充実した恋愛にしたいものです。

関連記事

  1. Color
  2. Color
  3. カラフル
  4. Color
  5. マカロン