白色(ホワイト、クリア)

■白色の性質

白色は、「柔軟色」「膨張色」「進出色」の性質を持っています。

柔軟色・進出色・膨張色

白は、無彩色の中では一番明るい色で、どの色よりも軽く感じさせる性質があります。また、膨張して見える性質を持っているので、実際よりも空間を広く感じさせるという特徴もあります。

■白色の心理効果

白色は、色がついていない真っさらな状態を表す色なので、新しく清潔感があるイメージを与えます。何か新しいことを始める時に、真っ白のファッションを身につけると、気持ちの面でも真っさらの状態で挑むことができます。また、気分を変えてリフレッシュしたい時にも役立ちます。

白色のファッションは清潔感があり純粋なイメージを与えるだけでなく、強い意思を持っていることも表しています。これから自分の意思を強く持ちたいという方にも、ファッションに取り入れると効果的な色です。

インテリアに白色を使用すると、実際の広さよりも奥行きがあって広く見せることができます。また、照明をつけなくても明るく、清潔感のある空間を演出することができます。

■白色から連想する抽象的イメージ

新しい、清潔、無、無意味、空虚、神聖、軽い、明るい、平和、平等、中立、健康、祝福、無垢、透明感、シンプル、純心、純粋、クール、理性的、汚れない、質素、清楚、誠実、幻想、儚い、汚れやすい、素直、真面目、完璧主義、潔癖

■白色から連想する物体的イメージ

雲、雪、うさぎ、白い鳩、砂糖、塩、豆腐、牛乳、豆乳、歯、紙、チョーク、修正テープ、ビニール袋、シャツ、お医者さん、白無垢、靴下、足袋、真っさらのぞうきん、白髪

■白色の性格・キャラクター

白色を好む方は、何事においてもシンプルな状態を好みます。所有物はできるだけ減らして整理整頓を欠かさず、今の自分に必要なものだけを持つようにしています。質素な生活を好み、実用的で機能的なものを選ぶ傾向があります。身の回りのものを少なくすることで、無駄がなく思考の面でもシンプルに考える傾向があります。

また、正義感が強く曲がったことを嫌い、いつでも正直に誠意のある態度を取ります。自分が決めた目標に向かって努力するタイプですが、完璧を求める傾向があります。誠実で真面目なイメージを持っているので、信頼感を得やすいでしょう。

一方で、自分に不必要であったり無駄だと思ったことは潔く切り捨てるので、周囲からは冷淡で味気ないという印象を与えることもあります。しかし、白色は何色にも染まるという性質があるので、臨機応変に対応できるという一面も持っています。

まとめ

いかがでしたか。白色のものや服を使うと汚してはいけないと始めは緊張してしまいますが、実際使ってみると気持ちが引き締まってフレッシュな気持ちにしてくれますよね。お部屋の壁紙やベッドシーツに真っ白に変えるだけで、お部屋の印象をガラッと変えることもできます。白色は浄化のパワーを持っているので、マイナスの感情で心が疲れている時や気持ちがもやもやしている時に活用すると、ゼロの状態に戻すことができるので気分転換をするのにピッタリの色です。是非あなたの今の心理状態に合わせて、白色をうまく生活に取り入れてみてください。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler