モノトーン

■モノトーンの性質

モノトーンは、モノクローム・トーンの略で、単色や白黒の意味を持っています。日本では、白と黒の組み合わせで用いられることが多いですが、世界一般的には青色系や赤色系など、明度が異なった同色系の色もモノトーンを呼んでいます(青色のモノトーンなど)。

※こちらでは、主に白黒のモノトーンについての心理効果をご紹介します。

■モノトーンの心理効果

モノトーン全体としては、単色の単調な色合いなので、落ち着いていてまとまり感を与えます。白黒写真のように、二色で表現されたモノトーンの写真ではカラー写真よりも立体感が強調されます。また、白黒写真は懐かしさを感じたり、彫刻された写真のように見えるという特徴もあります。

無彩色を使った白、灰色と黒の組み合わせは、上品でシックな雰囲気に。現代的なモダンな印象だけでなく、昔なつかしいクラシックな印象を与えることもできます。また、洗練されたオシャレな雰囲気を出すことができるので、ファッションやインテリアで多くの方に好まれて使用されています。しかし、シンプルな配色なので、白と黒を使うバランスが難しくファッションなどにおいては難易度の高いとされています。

モノトーンでも黒や黒に近い色を多く使うことで、黒の持つ高級感や威厳のあるイメージを与えます。また、白っぽいモノトーンだと、清潔感がありさわやかな印象を与えることができます。灰色を取り入れれば、都会的な洗練されたイメージになります。

その他、白黒のモノトーンにアクセントカラーにブルー系を入れると現代的に、ゴールドやシルバーを入れると高級なイメージを与えることができます。

■モノトーンから連想する抽象的イメージ

懐かしい、シック、カッコいい、モダン、都会的、洗練されている、立体感、インパクト、クラシック、古い、死、葬儀

■モノトーンから連想する物体的イメージ

オセロ、囲碁、ピアノ、白黒写真、白黒テレビ、パンダ、しまうま、乳牛、マイケル・ジャクソン、チャップリン、陰と陽のシンボルマーク

■モノトーンの性格・キャラクター

無彩色のモノトーンは、白と黒色のそれぞれの性質を持ち合わせています。

黒色を好む方は、威厳があり威圧されるような存在感をもっており、クールで洗練された印象を持っています。一人の時間を好み、負けず嫌いで何事にもコツコツ努力するタイプです。

白色を好む方は、何事もシンプルであることにこだわります。身の回りのものはなるべく、必要なものしか持ちませんし、物事をシンプルに捉え白黒はっきりつけられる判断力を持っています。

まとめ

いかがでしたか。写真などで見ている世界をカラーから白黒のモノトーンに変えるだけで、懐かしくもありカッコいい印象になります。色を変えるだけでガラッと雰囲気が変わるのは不思議なものですよね。特に白黒は、明暗がくっきりしている分、インパクトがあって頭の中にイメージとして残すのに効果的です。白黒だけではなく、青色や赤色のモノトーンはそれぞれの色の持つイメージが表現され、洗練された印象を与えてくれます。まとまり感与えてくれる配色でもあるので、統一感があってオシャレな雰囲気を出したい時は是非、普段の生活に取り入れてみてください。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler