パステルカラー

■パステルカラーの性質

パステルカラーは、原色に白を混ぜたような明るくて淡い色合いです。純色に灰色を混ぜた彩度が一番高い中間色の仲間でもあります。

 

 

■パステルカラーの心理効果

パステルカラーは、柔らかくて優しい印象を与えます。桜や藤の花の色を想起させるので、春の暖かい陽気や清々しい爽やかな気持ちにさせてくれます。企業などでは春らしいイメージを出すために、商品パッケージや宣伝などによくこの色が取り入れられています。また、キャンデイーなどのお菓子にもたくさん使われており、甘まい印象を与え食欲を増進させます。その他、柔らかくて繊細なイメージを持っているため、ベビー服のテーマカラーの定番色でもあります。幼さや儚いイメージを出すのにも効果的な色です。

ファッションで取り入れると、爽やかで穏やかな印象を与えることができます。パステルグリーンやブルーは、キュートさがありながらもきちんと感が出せ、ピンクかイエロー系は愛らしさなど、色の種類によっても少しずつ与えるイメージ変化させることができます。パステルカラーを取り入れすぎると甘すぎる印象になりますが、アクセントカラーとして使うことで、オシャレでトレンド感のある印象を与えることができます。

また、パステルカラーなどの淡い色は心をリラックスさせてくれるので、安眠効果が期待できます。パジャマやベッドシーツなどの寝具や寝室のカーテンや壁の色をパステル系にすることで、心地よい眠りへと導いてくれます。パステルカラーの花柄ものもやポスターや写真を飾るのも効果的です。

■パステルカラーから連想する抽象的イメージ

柔らかい、優しい、甘い、もろい、弱い、愛らしい、可愛い、子供っぽい、春、爽やか

■パステルカラーから連想する物体的イメージ

桜、藤、チューリップ、お花、金平糖、キャンディー、マカロン、お菓子、赤ちゃん、ベビー服、少女、花畑、ネイル、いちごみるく、水彩画、天使

■パステルカラーの性格・キャラクター

パステルカラーを好む方は、幼い子供のような愛らしい雰囲気を持っており、穏やかで優しい心を持っています。また、周囲に安心感や平和な雰囲気を与えることができます。

一方で、パステルカラーは曖昧さを表現する色なので、白黒はっきりさせたり極端な感情や出来事が苦手で、優柔不断さや繊細な一面を持っています。ちょっとしたことでも傷つきやすいので、いつでも傷つかないようにとアンテナを張り巡らせて自分を守ろうとします。

まとめ

いかがでしたか。特に女性の方にファッションやネイルアートなどで人気を集めているトレンド感のあるパステルカラー。そんなパステルカラーは見ていると優しい気持ちにしてくれ、心地よい癒しを与えてくれます。春のぽかぽかした陽気を思い出させてくれるからか、顔の筋肉がゆるんで、ほんわか笑顔にさせてくれますよね。また、甘いお菓子を想像させるので、ついつい甘いものが食べたくなってくる色でもあります。ダイエット中の方は、パステルカラーを使い過ぎるのは注意が必要かもしれませんが、心に余裕が無い時や落ち込んでいる時にパステルカラーを取り入れると気分を変えてくれるのでおすすめです。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler