セピア色

■セピア色の性質

「セピア(sepia)」は英語でイカ墨を意味する言葉です。語源であるラテン語では、烏賊の一種であるコウイカを意味しています。セピア色は、イカ墨の色に由来する黒くて赤味のある黒褐色の色を表しています。

■セピア色の心理効果

セピア色は、19世紀の末頃より白黒写真で使用し始められたインクの色でもあるので、その当時の古い感じや懐かしさを与えてくれます。白黒写真が日光などによる紫外線の影響で色あせてセピア色へと変化していきます。「思い出がセピア色に染まる」などの表現で歌詞などによく使われており、古き良き日の思い出を連想させてくれます。視覚的な効果だけでなく、言葉として見たり聞いたりするだけでもそのようなイメージを与えることができます。

セピア色は、茶色とベージュの両方の性質を持っており、その落ち着いた色合いによって安心感を与えてくれます。茶色は大地の色でもあることから、どっしりとした揺るがないイメージを持っており、安定感を象徴する色でもあります。セピア色はこのように安心感や安定感を与えてくれる色なので、精神を落ち着かせるために身の回りのものに取り入れると効果的です。また、インテリアに取り入れることでアンティーク調のビンテージな雰囲気を出すことができます。

■セピア色から連想する抽象的イメージ

懐かしい、古い、歴史、地理、古代、懐古趣味、レトロ、回想、日焼け、思い出、過去、昭和、安心感、安定、落ち着き、謙虚、穏やか、優しい、色あせた

■セピア色から連想する物体的イメージ

卒業写真、古い写真、モノクロ写真、モノクロ映画、時計、アンティークのもの、砂、土、土壁、藁、木、地図、ブロンズ、日焼けしたポスターやハガキ、古い紙、ざらばん紙、お線香、お香、お寺

■セピア色の性格・キャラクター

セピア色を好む方は、穏やかな心を持っており落ち着いた大人の雰囲気があります。周囲に安心感を与え、相手気分も穏やかにするパワーを持っています。また、相手の話を聞くことが好きで聞き上手でもあるので、年齢関係なく色々な人から相談を受けやすく、頼りになる存在として慕われています。

また、茶色の持つ性質も持っているため、生活面ではアップダウンが激しい変化のある生活が苦手で、安定を重視する傾向があります。真面目さに加えて忍耐力や持久力も持っているので、仕事面では信頼を得やすいでしょう。一方で、頑固者で融通がきかない一面も。意見が食い違う時には、怒りの感情を出すこともありますが、普段は控えめで謙虚な印象を与えており、優しい心を持っています。

まとめ

いかがでしたか。セピア色のものを見ると、過去にあった懐かしい出来事を思い出させてくれて自分の幼い頃や歴史的な時代背景を振り返るのにピッタリの色です。「セピア」という言葉を聞くだけでも、そのような情景を思い起こしてくれますよね。部屋などの空間をセピア色に染めれば、そこはまるでタイムスリプしたかのようなレトロな空間にすることもできます。歴史やアンティークのものをじっくり楽しむには、想像力が膨らんでもってこいの場所です。また、木や土をイメージさせてくれる自然の色なので、気分をリラックスさせるにも取り入れるとおすすめな色です。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler