カラーセラピー・レモンイエローのまとめ

レモンイエローとは

レモンイエローは黄色よりも少し淡く、優しい色です。レモンに色が似ている事からそう呼ばれますが、カテゴリーとしては黄色になり、山吹色など少しオレンジがかった色も黄色です。何色かは見る人の判断によるもので、レモンイエローは黄色です。

レモンイエローの効果

レモンイエローは黄色なので、黄色の効果と同じになります。レモンイエローは色の中で一番明るい色とされ、太陽を描く時によく使われます。また、昼でも夜でも認識されやすい色なので、注意や警告の色としても使われます。

レモンイエローはその明るい色から楽しい、活発といった意味を持ち人とコミュニケーションを取りたい時におすすめの色です。友達と仲良くなりたい時に取り入れると効果がある色です。黄色という明るい色を身近に使う事で明るい元気な人という印象を与えるので、人間関係が良くなります。また知性を表す色でもあるので、黄色が気になる時は「何かを学びたい」とか「スキルアップしたい」と思っているのかもしれません。そして、女性に嬉しい効果があるのです。黄色は消化器系に影響を与えるので、便秘に効果があるといわれています。トイレカバーを黄色に、とは言いませんが、何か黄色の小物をトイレに置いてみましょう。

レモンイエローのパワーを取り入れる

レモンイエローのパワーを取り入れたいと思っても、その明るい色のため取り入れると派手になりがちなので、なかなか難しい色であると思います。ただ、それは服に取り入れようとするから躊躇するのです。色のパワーを取り入れようとする時、簡単なのは服です。ですが、服でなければという事はなく、自分で取り入れやすい方法でいいのです。レモンイエローを取り入れる方法をいくつか提案します。

  • 服で取り入れる

レモンイエローのトップス、ボトム、何でも良い。レモンイエローの襟が見えている、ネクタイでも良い。

  • 小物で取り入れる

カバン、靴、靴下、帽子、アクセサリーで取り入れるとレモンイエローを強調しすぎないので、気軽に取り入れられる。

  • ネイル

女性ならネイルがおすすめです。ネイルなら明るいレモンイエローでも抵抗なく取り入れられると思います。レモンイエローをベースに使ってもアートに使っても、ストーンで使っても良し。

  • 部屋に取り入れる

色のパワーは身に付ける必要はなく、部屋に取り入れてもいいのです。色のパワーが欲しいからと、いきなりカーテンなどの大きな物は無理なので、小さな物で取り入れましょう。食器、ランチョンマット、クッションなど。花を飾るのもおすすめです。

  • 食事で取り入れる

レモンイエローのパワーは、身に付けたり周りに置くだけでなく、飲食で取り入れてもいいですよ。レモンそのものやジュース、スイーツ、カクテルなど食べ物で取り入れるのもいいですよ。レモンイエローの食べ物は色々あるので、色のパワーを取り入れやすいと思います。

まとめ

明るく派手になりがちなレモンイエローですが、取り入れ方を考えれば気軽に取り入れられるので、自分なりの取り入れ方を探してみましょう。人とコミュニケーションを取りやすくなる色です。レモンイエローを取り入れて、笑顔で生活出来ますように。

関連記事

  1. 机
  2. coler
  3. coler
  4. ハート
  5. 色鉛筆
  6. 水玉