カラーセラピーを服に取り入れる方法

服とは

カラーセラピーは選ぶ色によって自己を読み解き、次に何をすべきかを色によって導いたり力を与えたりと、色によって気付きと癒しを与える色彩療法とも言われます。世の中にはすべてのものに色があるので、色の取り入れ方は様々。その中でも服に色を取り入れるとしたら、どのように取り入れたらいいのでしょうか。

そもそも服とは、どういう意味なのでしょうか。服とひと言で言っても洋服や和服、ファッションも服です。調べてみると服とは、体に着る物すべての物だそうです。カラーセラピーは色彩療法と言われるもので、色を選ぶ事で自分に気付き、色の力で進む勇気をもらったりする事です。服に色を取り入れる場合、カウンセラーにより色の力を借りる事にもなりますし、ここぞという時などの勝負服にもなります。服というのは、色を取り入れるうえで一番簡単かもしれません。色にはそれぞれ意味があるので、自分が今、必要だと思う色を選んでみましょう。

色の意味

  • 赤色

アクティブや前向き、やる気といった進むパワーの意味があります。ただ、極端に赤色を取り入れてしまうと逆効果になる事もあります。イライラしたり怒りやすくなったりします。

  • オレンジ色

オレンジ色は赤色より柔らかい色なので、前向きというような進むパワーよりも、楽しさや社交的といった明るさのパワーがあります。だからといって極端にオレンジを取り入れると、楽しさがエスカレートして快楽主義となったり、楽しさを求めて誰かと遊んだりメールなどで繋がったりしていないと不安になってしまう事もあります。

  • 黄色

黄色は明るいイメージですが、オレンジ色のような楽しさのパワーではなく、自己主張のパワーを持っています。また、知識といった意味も持っているので学ぶというパワーがあります。何かを学びたい時におすすめの色です。黄色は知識や自己主張のパワーを持つので、取り入れ過ぎると自己主張が強くなり、周りとうまくいかなくなり、孤立してしまう事もあります。

  • 緑色

緑色は、ナチュラルな安らぎの意味を持ちます。緑は植物の色でもあり、植物は塊となって存在しており、林や森や草原などのように周りと調和しつつ自己主張も出来るというパワーを持っています。そんな緑色も取り入れ過ぎると、調和の部分が強調されてしまい自己主張の部分が弱くなってしまいます。その結果、周りに合わせるだけになってしまい、自分の意見を言うなど主張出来なくなる事もあります。

  • 青色

青色は鎮静の色で、睡眠不足の時に青色を取り入れると眠りにつきやすくなったりします。また、平和の色でもあります。青色を取り入れ過ぎると、意見を言う、行動を起こすなどのアクションが出来なくなる事もあり、何事も受け身の状態になる事もあります。聞き手にまわってしまうため、周りは自分の事を何も知らない、なんて事にもなってしまいます。

  • 白色

白色はクリアとも言われ、浄化やリセット、光や水などを表します。白色を取り入れる事で現在をリセットし、前方に光を当て再スタートを切るといったパワーを与えてくれます。そんな白色を取り入れ過ぎるとクリア=何もない=無という作用により、何も考えない、考えられないなどに陥ってしまう事もあります。また、白色はクリアであるため周りの影響を受けやすくなります。自分というものをしっかりと持つためには、白色を取り入れ過ぎないようにしましょう。

まとめ

色には、自分をプラスの方向へ進むようパワーをくれる反面、良くないパワーも合わせ持っています。服というのは気軽に色を取り入れやすく、人の眼に触れやすい物です。取り入れ過ぎると色のパワーが強くなり、逆効果になってしまう事もあると理解し、上手に服に色を取り入れましょう。

 

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. 透明
  4. 色鉛筆