おすすめのカラーセラピーのお店のまとめ

Lino

栃木県にあるカラーセラピーサロンです。こちらで受けられるセッションは5種類です。

  • ヴィジョン・スパイラルセッション

人は自分なりの生活や人生のサイクルを持っています。しかし、そのサイクルの中には自分にとって良くない(マイナスな結果となってしまう)部分もあり、その部分を突き止め、改善する事で人にとって良い結果をもたらすサイクルに変えていきます。

  • パーソナリティ・ストーリーワーク

パーソナリティ・ストーリーワークとは、ダークとクリアを除いた12本のカラーボトルを、三角形のそれぞれの頂点に3本、3本、6本と配置。1次色(赤、黄、青)、2次色(オレンジ、緑、紫)、3次色(コーラル、ゴールド、ライム、ターコイズ、ピンク)を配置し、それぞれ3つの頂点にある色の中から1本づつ選んでいく。選んだ3本のカラーボトルからその人のパーソナリティを見ていきます。本質、人間関係に対する考え方、自分の理想像。パーソナリティとは、心理学では気質、性格、能力の3要素(本質)と考えます。

  • 4本リーディング

14本のカラーボトルから4本選んで行ないます。ハイヤーセルフとつなぎ、答えを探します。ハイヤーセルフとは、自分を幸せに導く存在の事。選んだ4本からは、過去、現在、未来を読み解き心のメッセージを受け止め、幸せへと向かいます。

  • 数秘&カラーセッション

数秘とは、1~9、11,22の数の事で割り出し方は、誕生日を西暦にして1ケタにバラバラにし足します。最終的に1~9までの1ケタになるまで続けます。ただし11と22になったらそれ以上バラバラにせず、終了します。割り出した数秘には意味があり、その数字と色の意味を合わせて自分の本質を解き、未来への道筋を探します。

  • MAYAカラーセッション

古代マヤ人が使っていたツォルキン歴を使って、自分の生年月日から自分の本質(性格、能力、個性)などを読み解きます。

  • MAYA&易経のセッション

MAYAカラーセッションを受けられた方を対象にしたものです。MAYAカラーと易経を合わせたもので、易経とは中国の五経の1つで簡単に言えば占いの事です。MAYA歴と易経で生年月日から本質を読み解いていきます。

WHITE-TARA

ホワイト・ターラでは、各個人カウンセリングやセラピスト養成講座が充実しています。カラー個人カウンセリングは、フルカウンセリングとなっています。

  • 個人カラーカウンセリング

オーラライト、センセーション、センセーショントリコロール、アヴァターラ、アヴァターラミスト、フレイム、リビングカラー、6ベーシックカラー

色は心を映す鏡と言われるように、リュッシャーカラーテストもフルカウンセリングとなっています。

  • リュッシャーカラーテスト

リュッシャーカラーテスト、リュッシャーカラーズオブラブ、リュッシャーカラーキューブテスト

リュッシャーカラーテストとは、「主要4欲求」といわれる4色を使い色に対してどのように反応するかを記号で表します。この時、使われるのがプロトコルフォームという診断用紙で、色に対しての反応を記号で記入するだけで心の状態を見ていきます。色に対する反応で、その人がどの部分に欲求不満を感じているかを見て、改善する事で他の精神も安定するのです。

まとめ

色は心を映す鏡である。言葉に出して言えないからこそ、心の奥深くにしまい込んでしまう。カラーセラピーは無理に言葉を発しなくても大丈夫です。セラピストは選んだ色から心の中にあるものを読み解き、理解してくれますから自然と言葉が出てきます。言葉にする事で解放感が出て、次へのステップを踏む勇気が出てきます。

関連記事

  1. coler
  2. 女性
  3. coler
  4. ろうそく
  5. coler
  6. 色鉛筆