カラーセラピーの資格:仕事や収入、やりがい、資格について

カラーセラピー資格保有者のやりがい

カラーセラピー資格保有者のやりがいは、カウンセラーや講師、ファッションデザイナー、執筆など活躍の幅が広いことです。

人と接することも多く、「ありがとう」と言われることが多いようです。人の役に立つことができるためやりがいを感じるでしょう。

空

カラーセラピー資格保有者の仕事

●カラーセラピーを活かしたカウンセリングのお仕事

●カラーセラピーに関する本を出版する

●大学や専門学校などで講師として活動する

●色に関する知識を活かしたファッションに関するお仕事

●カラーの知識を活かした鑑定のお仕事

●色を使った占い、性格診断などのお仕事

●カラーに関する研究

●教室を開講する

●色を活かした生活やインテリア、食など全般のアドバイザーとしてのお仕事

●メディアでのお仕事

カラーセラピー資格保有者の収入

働き方にもよりますが、副業として働かれている方が多いでしょう。

本業として働かれている方もいるかと思われます。

自分にあった働き方を見つけましょう。週末だけ働く、主に講師として働き、副業として本を出版したりカウンセリングを行うなど様々です。

カラーセラピー診断

・就業時間:40 時間/ 月 もしくは 160/月 ※就業場所によって異なる。一例です。

・平均給与:10~30 万円/ 月

・男女平均:( 男性)3:( 女性)7

カラーセラピーの資格保有者の適正、必要な知識

色に興味のある方や芸術作品が好きな方、色を使ったお仕事に就きたい方など学ぶ意欲があることが大切でしょう。

カラーセラピーに必要な知識

・色の基本知識

・色のイメージ、色の心理的効果

・色が与える影響

・色を活かして心や体を動かす

・パーソナルカラーに関する知識

・色を使った読心術

・色と性格の関係 など

カラーセラピーの資格

今、人気が高い資格が日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「カラーセラピー」、日本インストラクター協会主催の「色彩インストラクター」、日本デザインプランナー協会主催の「カラーアドバイザー」が挙げられます。

カラーセラピー(日本アロマメディカル心理セラピー協会)

 

無料診断

カラーセラピーに関する知識を有していることが証明されます。

色の効果や活用方法などを理解し、資格取得後はカラーセラピストとして活動することができます。

色彩インストラクター(日本インストラクター協会)

色

 

HSV色空間、HSVカラーモデル、HSBカラーモデル、色覚異常の方に配慮した配色、袋文字、マンセル表色系などに関する知識を有する方に認定されます。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

カラーアドバイザー(日本デザインプランナー協会)

色

色が持つ性質や効果を理解し、アドバイスができることが証明されます。

資格取得後は、ファッション関係やインテリア関係などの業界で活躍することができるでしょう。

カラーセラピーの資格取得方法

机

・専門学校に通う

・通信講座を受講する

・独学で学習する など

カラーセラピー資格保有者のこれから

色の力を活かした場面はビジネスシーンでもよく見られます。

資格を取得することで、カラーセラピーとしての活躍の場もさらに広がるでしょう。

また、普段の生活の中でも色を活かしてよりよい生活を送ることに役立てることができます。

ファッションやインテリア、カウンセリングなどの仕事だけでなく、人間関係を良好にしたり、モチベーションを上げたり、リラックスしたりなど

色を使って幸運を引き寄せることができるでしょう。