色の分類と三属性

色にはさまざまな種類がありますが、色は大きく無彩色有彩色があります。

無彩色

白・黒・灰色

有彩色

白・黒・灰色以外の「色み」をもった色

無数に存在します

 

 

 

さらに色は無彩色と有彩色はさらに細かくグループ化することができます。

色相」「明度」「彩度」の3グループです。これら三つを合わせて「色の三属性」と言います。

  • 色相(しきそう)

たくさんの色を分ける際に赤み、青み、緑みというように「色みの性質」で分けることができます。「色みの性質」は「色あい」とも呼ばれます。

  • 明度(めいど)

例えば、水色と紺色は色相で言うと同じ青ですが、色の明るさは違います。このように色の明るさのことを明度と言います。これは無彩色にも適用されます。明度の違いは 高明度中明度低明度の三つに分類されます。

  • 彩度(さいど)

上図を参考にすると、彩度は横軸です。これは赤に対してこれと同じ明度の灰色を割合を変えながら混色するということです。左に行くほど赤の割合が減り、灰色の割合が多くなっています。彩度も明度と同じく、高彩度中彩度低彩度の三つに分類されます。

つまり、高彩度=鮮やかな色・中彩度=ややくすんだ色・低彩度=色みが少ない色 ということになります。


色相環(しきそうかん)

色相の違いを見るために、スペクトル(虹)の両端を丸くつないで輪にしてすべての色相が連続して変化が見える環をつくります。これを色相環と言います。例外もありますが、色相環上では、ある色を基準としてその色の反対側の位置にある色が最も色相が離れた色となり、これを「補色」と言います。

 

 


有彩色はさらに 純色明清色(めいせいしょく)暗清色(あんせいしょく)中間色 に分類することができます。

  • 純色

「赤」や「青」のように、有彩色の各色相の中で最も鮮やかな色のことを言います。つまり、最も彩度が高い色。(↑明度にある図によると横に見て中心列一番右端にある色)

  • 明清色

純色に白だけを加えた色のことです。白だけを加えていくので最後は白になります。

  • 暗清色

明清色とは反対に、純色に黒だけを加えた色のことです。黒だけを加えていくので最後は黒になります。また、明清色と暗清色を併せて「清色」と呼ばれます。

  • 中間色

純色に灰色だけを加えた色のことです。このような色は濁ったような色になるので「濁色(だくしょく)」とも言われます。


 

  • 等色相面(とうしきそうめん)

先ほども同じ図がありましたが、同じ色相を一つの面として表示したものを等色相面と言います。縦の並びが明度の変化を、横の並びが彩度の変化を表しており、左端が無彩色の列になっています。この等色相面は色相ごとに作ることができます。

  • 色立体(いろりったい)

色相・明度・彩度の三要素を三次元で表したもの色立体と言います。明度の基準となる無彩色を縦の中心軸に、最も高明度な白を一番上に、最も低明度な黒を一番下に配置しています。彩度は中心軸から水平距離で表され、中心軸に近いほど低い、中心軸から遠いほど高いという見方ができます。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler