更年期障害の症状を軽減!仕事の効率アップと2月24日生まれのオーラの色診断

40代〜50代に女性や男性が悩まさえる更年期障害。最近では若年性更年期障害という言葉もあり30代に発症することもあります。女性の場合は、生理が終わる閉経のタイミングで起こり女性ホルモンの分泌量が減ってくるので、イライラしやすかったりうつ状態になりやすかったりと色々な症状が現れます。男性の場合は、見た目に変化はあまりなくこれといった特徴的な症状があるわけではありませんが、なんとなく調子が悪いと感じることが増えるそうです。

そんな辛い更年期の時期に少しでも快適に過ごせるように、色の持つ効果を利用した効果的な色についてご紹介しますので是非参考にしてみてください。

イライラなどの緩和したい

女性の更年期障害によってイライラしやすくなったり、お肌や髪の調子がどうも悪いという方は、女性ホルモンが減少していることが原因と考えられます。女性ホルモンの分泌量の減少を抑えてくれるピンク色を取り入れることで、女性ホルモンの分泌を促進して症状を和らげる効果が期待できます。

また、淡いピンク色は見ているだけで心が穏やかになって優しい気持ちにしてくれます。普段よくつかっているもの、ファッションや寝室などのインテリアに取り入れることでよりその効果が実感できるでしょう。

ほてりを和らげたい

女性は、更年期障害になると体がポカポカしてほてりが取れないという症状が特徴としてあります。そんな時はブルー系の色を取り入れましょう。ブルーには涼感を感じさせ、体温を下げる効果があります。淡いブルーよりも原色に近いブルーの方がより涼感が得られ、効果的です。

やる気をアップさせたい

体がだるくて何をするにも集中できず、やる気が出ない時は元気で前向きな気持ちにしてくれるオレンジやイエローを取り入れましょう。どちらの色も太陽や光を連想させ、心を明るく元気にしてくれ活力を与えてくれます。また、イエローにはその他に心の疲れを癒やし、うつなどの症状も癒やしてくれます。

ぐっすり眠れるようになりたい

神経が過敏になっていて落ち着いて寝れない、疲れをしっかり取りたいという場合にはグリーンが効果的です。グリーンは神経を刺激して感情を落ち着かせてくれます。寝室に観葉植物や自然の緑の風景の写真やポスターを取り入れることで、よりリラックス効果が生まれ安眠へと導いてくれます。

また、グリーン以外にも興奮を鎮めてくれる淡いブルー系や心を癒やして安心感を与えてくれる淡いパープル系も効果的です。

さいごに

いかがでしたか。色の持つ効果を知って意識的に生活に取り入れることによって、更年期障害の辛い症状も軽減することができます。更年期障害を少しでも快適に乗り越えられるように、是非これを機に色の心理効果を活用してにてはいかがでしょうか。

どうも仕事がはかどらない、集中力がすぐに切れてしまう、上司にイライラして仕事なんてやってらんないなど、仕事をしなきゃいけないのに仕事が思うように進まないことって結構ありますよね。最近はパソコン作業がメインになっていることも多いので、目が疲れてもうパソコンによる眼精疲労でやる気がダウンしてしまったりなんてことも。

そこで、こちらでは仕事のやる気をアップさせてはかどりやすくしたり仕事の効率をアップさせるために役立つ色の取り入れ方についてご紹介します。是非、職場で取り入れて仕事の能率をアップさせて下さい。

ブルーで集中力アップ!

時間内に仕事を終えなければいけないという時に限って、どうしようと気持ちが高ぶって中々仕事に集中できないということも多いですよね。そんな集中力が必要な時は、興奮を静めてくれ落ち着きを取り戻してくれるブルーを取り入れるのが効果的です。パソコン作業をする場合は、スクリーンセーバーに青色のものを使うなど視覚に入りやすいところにブルーを取り入れてみましょう。

やる気を出したい時はレッド

お昼休憩が終わった後は、眠くなってきてどうもやる気が出ないということもあるかもしれません。そんな時はレッド系を取り入れましょう。神経を刺激して興奮状態にしてくれるので、テンションを上げたり行動力をアップさせるのに効果的です。仕事を始める前に気合を入れる時に使うとやる気をアップさせてくれます。

また、よく使うペンやノートなど仕事で使用頻度が高いアイテムにレッドのものを使うと仕事の効率をアップさせることができます。レッドは目に飛び込んできやすい色なので、どこにあるのかすぐに認識できてどこへいったのかと探す時間を減らすことができます。この時に、使用頻度の低いものはブラックやグレーなど目立たない色のものを使うというのがポイントです。

判断力をアップさせるにはイエロー

仕事の中で重要な決断を下さないといけない時もあると思います。そんな時は、イエローの効果を利用しましょう。イエローには集中力を高めて判断力をアップさせる効果があります。脳を刺激して頭を冴えた状態にしてくれるので、的確な判断をする上ではとても役立つ色です。

グリーンでリラックス効果を高めよう

パソコン作業や事務処理がメインの場合、営業から戻ってきてデスクで一息つく時にできたら職場にいながらも心身ともにリラックスできたら仕事の能率もアップしますよね。そんなリラックスをさせてくれるのがグリーンです。グリーンは目に優しい色とも言われていて、自然をイメージさせる色でもあるので見ているだけで心と体を落ち着かせてくれます。デスクマットにグリーンがよく使われているのも納得ですよね。

デスク周りにグリーンのものを取り入れるのも一つですが、他に職場に観葉植物を取り入れるのもおすすめです。本物の自然の緑を感じることができるので、より高いリラックス効果を得ることができます。

ストレスが溜まってイライラする時は好きな色を!

上司との折り合いがつかなかったり、職場での人間関係がうまくいってなかったりと、色々なストレスを感じてしまって仕事のやる気が出ないということもあるかもしれません。こんな時は、あなたが好きな色をたくさん取り入れるようにしましょう。何と言っても好きな色は見ているだけで幸せな気分になって、イライラなど不快な感情を吹き飛ばしてくれます。デスク周りにお気に入りの写真を飾るのもいいでしょう。それが難しいという場合は、その好きな写真やものを連想させる色のものを取り入れるのも効果的です。

最後に

いかがでしたか。仕事が思うようにはかどらない時でも色の効果を利用すれば、集中力をアップさせてくれたり仕事しやすい環境に整えることができます。色を意識して使うだけなので、いつからでも簡単に始めることができます。是非あなたが今必要としている色を実際に職場で取り入れてみて、色の持つ効果を実感してみてください。

2月24日生まれの人の主な性格

2月24日生まれの人は、自分の意志をしっかりと持ち、一人で行動できてしまう人です。そのため、あまりみんなとワイワイするよりも、一人でいろいろと空想を広げ、考えていく方が多いタイプでしょう。
恋愛面でも、仕事面でも理想としてこうしたいというものはあるものの、そこから動かず、思いの中だけで満足してしまう部分もあるので、まずは行動することが大切になります。ただし、かなりマイペースなので、いざ理想の場に立ったとしても、うまく立ち回れずに相手が愛想を尽かしてしまったり、いい仕事ができずに公開することも多くあります。
これも、訓練していけば克服できることなので、辛くとも繰り返したり、やり続けることで成長は必ずできます。

2月24日生まれの人のオーラ

2月24日生まれの人は、イエローのオーラを持った人です。プラス思考で太陽のように明るいため、周りもついつい元気になるでしょう。
ただし、オーラのエネルギーに任せたり、それによって利益を得ようという下心をもって動くと、エネルギーを発揮しきれないので注意が必要です。オーラを上手くコントロール出来れば、自分の高い理想、目標を成功するために色々な人が協力してくれるでしょう。

・このカラーの人のすべきこと
イエローのオーラを持った人は、周りを元気に、明るくすることが使命と言えます。そのため、何か悩んでいる人、落ち込んでいる人がいたらそこに手を差し伸べてあげましょう。イエローのオーラを持った人は、特に人助けを人生のテーマとして進んでいけば、必ず良いことが起こります。
無意識で人助けができることが一番良いのですが、まずは意識的にでも良いことを行うように習慣化しましょう。

・カラーエネルギーの高め方
一人が好きといえども、周りから悪口を言われたり、仲間はずれにされるととたんにエネルギーが下がります。
勝手に被害妄想が進んでしまっている場合もありますが、一度冷静になるために一人でゆっくりする時間を設けるといいでしょう。

2月24日生まれの人の男性の運勢

運気が安定しづらく、運が良いと思っていたのにいきなり悪くなると言ったことがよくあります。そのため、チャンスはすぐに去ってしまうので、今だと思ったらスピーディーに行動しましょう。
40代以降は、ギャンブル運が強くなるので、生活に困らない程度に挑戦してみるといいでしょう。

2月24日生まれの人の女性の運勢

男性同様、運気の波が激しい運勢にいます。幸せだと思っていた矢先に気持ちが落ち込むこともあります。恋愛関係で落ち込んだ時は、深追いせずに一度距離を置くと良いでしょう。
そのまま無理に一緒にいると、運気が急降下したままなので結局うまくいかずにパートナーの気持ちが離れてしまいます。

2月24日生まれの人のまとめ

理想を追い求めるのもいいですが、ある程度の妥協と、100%は難しいということを踏まえて、落ち込む量を減らしていきましょう。思い描く理想像があまりにも大きすぎるため、一人で挫折していることもあります。
2月24日生まれの人の性格的に、一人でいたいと思うかもしれませんが、一緒にいる人に知らず知らずのうちに元気を与えていることも多いので、人と接する機会を設けるようにしましょう。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. 女性
  2. 女性 仕事
  3. Color
  4. Color
  5. Color