日本デザインプランナー協会を知りたくて口コミ評判をまとめてみました

クリエイティブなスキルを認定する団体

日本デザインプランナー協会(JDP)は、「デザイン」、「設計」、「芸術」の分野に関する資格を扱う資格認定団体で、クリエイティブなスキルを備えたプロフェッショナルな人材を養うために設立されました。

ここ近年、デザインスキルの資格が認定されるようになった背景には、有能なデザイナー不足という問題があるようです。ヒットする商品の成功要因にはもちろん機能性もありますが、優れたデザイン性も大きく関わっていると言えます。そのような現代において、多くの企業が有能なデザイナーを求めているのが事実なのです。このようなビジネス展開における諸問題を回避すべく、日本デザインプランナー協会では技術者の発掘に積極的に取り組んでいるのです。

しかし、近年の経済復興におけるビジネス競争に伴い、デザイナーに求められるスキル要求が高まっているのも事実です。つまり、この分野の資格を取得することは、ビジネスチャンスにも大きくつながることが期待できる他、資格を持ってデザインのエクスパートとして働くことで顧客を惹きつけることができ、自身や企業の更なる飛躍も望めるのです。

日本デザインプランナー協会が提供するこれらの認定試験はスキルや技術を「認める」ものですので、受ける資格についてはもちろん最低限の知識が必要です。そのスキルを持って働くために資格を取りたいという人は、まず独学で始めるか、諒設計アーキテクトラーニングなどの通信講座スクールで勉強を始めると良いでしょう。

どんなデザイン認定資格があるの?

日本デザインプランナー協会が提供する資格は専門性が高く、知識だけでなくクリエイティブ性が必要とされるデザイナー職の幅を広げるものばかりです。

認定資格は、インテリア、WEB、広告、建築、ファッション、アートの分野に分けられた中に19種類のものがあります。

その中でも口コミ評判においてよく耳にする資格を取り上げてみました。

「SEOマーケティングアドバイザー」
「ホームページWEBデザイナー」
「空間ディスプレイデザイナー」

上記3点の資格はネットビジネスが普及した現代では需要が高く、専門知識をつけることができるために事業展開や独立してビジネスを考えている方に人気があります。

「インテリアデザイナー」
「インテリアアドバイザー」
「エクステリアアドバイザー」

上記のような住まいやインテリアに関わる資格は常に人々の関心を集めており、デザイン技術の向上に一躍を買うものばかりなので、男女問わず選ばれている資格です。

「鉛筆デッサンマスター」
「POPデザイナー」

イラストやデザインを描くことが好きな方で、更にその知識を深めたい方には上記の資格が人気があります。これらは、広告関連の仕事を目指す方にもオススメです。

「スウィーツデコデザイナー」

「ビーズアクセサリーデザイナー」

「キャンドルデザインマスター」
「フラワーアレンジメントデザイナー」

趣味から始めたスキルに専門性を持たせることができるのが上記のような資格です。また、その人のオリジナリティーを出すためにも人気があります。これらの資格は、取得することで個人開業も可能です。

「カラーアドバイザー」

「ファッションデザイナー」
「ネイルアートデザイナー」
「ビーズアクセサリーデザイナー」

ファッション系の仕事に従事する方に特に人気なのは上記の4つです。カラーアドバイザーは広告やデザイン系の仕事にも応用できます。

資格の全種類は、日本デザインプランナー協会のウェブサイトからご覧いただけます。

デザイン資格が認定される利点とは?

一般的に資格がないとデザイナーに関する仕事はできないわけではなく、独学でも職に就ける可能性はあります。しかし、資格があるということは、第三の視点からそのスキルを保証されているということですから、企業側は安心して雇用することができます。つまり、独学だからこそ、それを持っていた方が流れがつかみやすくなるのです。日本デザインプランナー協会が認定する資格の中にあなたが既に持つスキルのものがあれば、専門性を高めてその技術を持って働くことが更に有利になるのです。

例えば「ファッションデザイナー」の資格を持つことで、服飾デザインに関する仕事をする場合にはその知識が役に立ちますし、販売員であれば、接客時における生地やデザインの特徴を詳しく説明することができるため、利益を上げることに役立ちます。

「ホームページWEBデザイナー」であれば、それまでのWEBデザイナーで備え持ったWEBデザインの知識とセンスに資格を加えることで、現代のビジネス戦略としては当たり前となったWEB業界で力を発揮できる即戦力につながるため、転職もスムーズになります。

「クラフトハンドメイドマイスター」や「スウィーツデコデザイナー」は、資格を取得することで趣味としてだけでなく、副業として自宅やカルチャースクールで教室を開くなど、開業のチャンスを得ることができます。

「ネイルアートデザイナー」であれば、爪や皮膚の衛生管理知識も活かすことができるので、ただ技術を提供するだけでなく仕事の幅も広がるでしょう。

「フラワーアレンジメントデザイナー」は、生花店での就労はもちろん、個人で施設の装飾を手がけるなど、アイディアを活かして様々な職種へチャレンジできる可能性があるとも言えるでしょう。

そして、すべての資格に共通して言えることは、「それまでの状況から一歩前へ進める」ということです。

多くの方が日本デザインプランナー協会の口コミ評判で伝えているように、一般的にデザイナーという評価が得にくい今日の現状において、他の技術者に差をつけることは、単純に「キャリアアップにつながる」ということなのです。

「手に職を」そして「センスにアイディアを」と、クリエイティブ職は多岐に渡ってチャンスが多く与えられた分野と言えるでしょう。

これからのデザイナーには専門性が求められる時代です。日本デザインプランナー協会が提供する認定資格は、そのニーズに応えるための専門性の高いクリエイティブな資格が揃えられているため、あなたが興味を持てる分野はきっと見つかるはずです。

どうですか?今すぐ日本デザインプランナー協会のウェブサイトにアクセスして、詳しい情報をチェックしてみませんか?

関連記事

  1. Color
  2. Color
  3. Color
  4. Color
  5. Color