カラーセラピーと色彩心理学

カラーセラピーの中には、スピリチュアルな観点からリーディングやヒーリングを行っていくものがありますが、現在主流となっているカラーセラピーシステムのほとんどは「色彩心理学」をベースしているものが多いです。こちらでは、色彩心理学とは何か、色彩心理学とカラーセラピーはどのように活用されているのかということについてご紹介します。

色彩心理学とは?

「色彩心理学」とは、色と心の関係を心理学の視点から研究された学問です。

色彩心理学が学問としてできたのは2003年。割りと最近できた学問です。元になっているのは、ゲーテが色について研究を重ねて残した著書「色彩論」、ユングやフロイト、アドラーの心理学に対する考え方などです。

日常生活を送っている中で、私たちの周りは様々な色に囲まれており、一日に見る色の数は一万五千色とも言われるほどたくさんの色をみています。そして、その色を見ることで何かを感じたり行動を起こしたりしています。色は当たり前に存在しているものなので意識することは少ないかもしれませんが、私たちが生きていく中でとても大きな影響を与えています。

例えば、信号の赤を見れば停止する、緑を見れば進むということを判断したり、青色を見れば海や空を連想して気持ちがリラックスするといったことです。このように、色を見ることで人は無意識にどんなことを感じているのかを色が持つ性質やイメージを人間の心理と関連させて研究された学問なのです。

カラーセラピーと色彩心理学の関係

では、色彩心理学はカラーセラピーの中でどのようにして活用されるのでしょうか。

カラーセラピーとは、カラーボトルや色のついたセラピーツールを通して、クライアントが選びとった色によって、その人の心理状態を読み取り明確にしていきます。そのリーディングを行なう時に元となるのが色彩心理学です。

その色の持つ意味をベースにしてセラピストとお話をしていく中で、自分が潜在意識の中で感じていることを明らかにしていき、自分が本来進むべき道へと導く手助けをしてくれます。また、セッションが終わった後にも自分に必要な色や自分を高めてくれる色などを知り、その色を日常の中で意識的に使っていくということでも色を活用していきます。

現代社会は頭で考えて行動したり考えることが多いストレス社会です。そして、人間が本来持っている動物としての感覚はほとんど使われなくなってきました。そのため、本当の自分はどう思っているのか、どう生きたいのかということを無意識のうちに見失ってしまっています。そこで、色彩心理学を活用したカラーセラピーを取り入れることで、本当の自分が望んでいることに気づくことができます。また、色をもっと意識的に見て活用することで、ストレスが軽減され人間が本来持っている感覚を呼び起こして自分の満足のいく人生が送りやすくなります。

もっと意識して色を生活に取り入れてみよう!

色の知識を知っているだけで私たちの人生はもっと楽しいものになりますし、色をうまく活用することで自分の潜在意識に眠っている声を呼び起こして、より充実した人生を歩む手助けをしてくれます。現在日本に限らず世界各国では、カラーセラピーはセルフ・ヒーリングのツールとして、企業や病院など社会で幅広く活用されています。その他、心の成長が重要視される子育てや教育現場でも利用されています。是非これを機にカラーセラピーを体験頂き、色の持つパワーを感じてみてはいかがでしょうか。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler