どのカラーセラピーを選ぶ?カラーセラピー資格の選び方のポイント

これからからセラピーを勉強してカラーセラピストとして活躍したいと思っている方は、一体どのカラーセラピーを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

できれば一番信頼できて、自分の考えとあったカラーセラピーシステムを選びたいものです。そこで、こちらではどのようなポイントを見ながら自分にあったカラーセラピーが見つけられるのかについて、選び方のポイントをご紹介します。

まず、どんな種類があるのかを知ろう!

どのカラーセラピーを選ぶかということを考える前に、まずはどんなカラーセラピーがあるのかを知るということが大切です。現在日本で普及しているカラーセラピーは今でも新しいものが出てきたり、色と他のものを組み合わせたものなど色々な種類があります。その中でもメジャーなものですと、約12種類程あります。これをひとつずつチェックするのもいいですが、もっとおおまかに概要をつかみたいと言う方は、カラーセラピーの種類全体における特徴をまず把握しましょう。

その特徴を大きく分類すると、

  • 元となっている考え方の違い
  • セラピーツールの違い
  • 海外と日本で開発されたもの

などに分けることができます。

元となっている考え方の違い

カラーセラピーでは、スピリチュアルな思想がベースになっている抽象的な考えをベースとしたものと、色彩心理学をベースとした論理的な考え方がベースになっているものがあります。カラーセラピーで一番最初に出来たオーラソーマは、スピリチュアルな考え方をするのに対し、オーラライトやTCカラーセラピーなどは色彩心理学をベースにして診断、ヒーリングを行っていきます。

具体的にどのような違いがあるのかというと、スピリチュアルな方はセッションの中で使用することばが抽象的でセッション後に選んだボトルの中のオイルを体につけることを通してヒーリング効果を得るという特徴があります。一方で色彩心理学をベースとしているものは、学問として立証された知識を元に診断が行われセッション後に日常生活に必要な色取り入れることでヒーリング効果を得られるという考え方をします。スピリチュアルな診断を好む方はオーラソーマなど、より現実に即した診断、コンサルティングを望む方はオーラライトやTCカラーセラピーなどがおすすめです。

セラピーツールの違い

カラーセラピーの種類によって、カラーボトルを使うものとカラーカードや独自のデザインでつくったセラピーツールを使うものなど色々あります。カラーボトルは二層二色になっているものと単色のもの、アロマオイルやパワーストーンが入ったものがあります。その他には、カラーカード、カラーキューブ、クリスタルでできた独特のデザインのもの、涙型のボトルを使ったものもあります。

どれを選ぶかは、そのカラーセラピーシステムの考え方も大事ですが、インスピレーションで自分が魅力を感じたものを選ぶというのも一つの方法です。同じカラーボトルでも、色合いやボトルの形が違います。見た目の感じだけでなく、持ち運びやすさや揃えるのにかかる費用なども考慮すべきポイントになります。

海外と日本のカラーセラピーシステムの違い

海外で開発されたカラーセラピーシステムと日本で開発されたものという分け方で選ぶのも一つの方法です。海外で開発されたものは、主にキリスト教の考え方をベースとしてリーディングを行っていくので、キリスト教に馴染みが少ない日本人にとってはそのリーディングで使われることばや言い回しが少しピンと来ないことがあります。

日本で開発されたものの方が、日本人向けに開発されているのでよりしっくりきやすいということが言えます。しかし、カラーセラピストとして世界的に活躍したいという思いがある場合は、海外のカラーセラピーシステムを選んだ方が理解を得やすいかもしれません。

気になったものから体験してみよう!

カラーセラピーにどんな種類があるのかが大体分かったら、気になるものを実際にクライアントとして体験してみるのがおすすめです。実際にセッションを受けることで、セラピーツールがどんなものなのか、どんなふうに診断が行われるか実際に体感することができるからです。

でも、「そんな時間はとれない」「その前にもうちょっとちゃんと調べたい」という方は、気になるカラーセラピーの講座が受けられるスクールの資料請求をするのも一つの方法です。是非これを機にあなたにピッタリのカラーセラピーを見つけてみてください。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler