色の力で悩み解決|職場の雰囲気を明るくしたい

あなたの職場毎日シーンとしていて活気がなく、仕事に対する意欲が出ないと感じていませんか。そんな雰囲気の中だと、どんな人でもやる気はなくして仕事に対して全力を出すのは難しいですよね。

こちらではそんな活気のない職場に是非取り入れていただきたい色の心理効果を利用する方法をご紹介します。色は無意識の内に私たちの心に大きな影響を与えています。是非、こちらの情報を参考にしてみて楽しく仕事ができる環境にしてみませんか。

職場の雰囲気を明るく変えてくれるオレンジ

活気のない職場の特徴として社内でのコミュニケーションがうまくいっていないということが挙げられます。それを解消してくれるのがオレンジです。

オレンジは、太陽や炎などのエネルギーを与えてくれる色で気分を明るく楽しい雰囲気にしてくれます。オレンジを社員のデスクが集まる部屋の壁など部屋全体のイメージカラーとして取り入れることで、みんなが明るく前向きな気持ちになってコミュニケーションを活発にしてくれます。また、ポテンシャルを高めてくれる効果もあるので営業力をアップさせるという意味でも効果的です。

ブルー、パープル系の色で会議を成功させよう

会議は毎日どの会社でも行われているものだと思いますが、形だけで会議の意味をなしてないということもあるかもしれません。そんな時は会議をもっと意味のあるものにしてくれるブルーやパープル系の色が効果的です。

会議となると自分の思ったことがちゃんと言えずに場の雰囲気に流されてしまいがちですが、ターコイズブルーを取り入れることでもっと自分の意見をはっきり言えるパワーを得ることができます。また、ブルー系の色は気分を落ち着かせてくれる効果があるので、冷静にものごとを判断しないと行けない会議でも効果的です。

パープル系は、インスピレーションを得たい時に効果的な色です。何か新しいアイディアが欲しいときや直感的な判断が必要な時に取り入れるとよいでしょう。

一番効果的なのは、ブルーやパープル系の色を会議室のテーマカラーとして使うことです。壁のいち部分に使ったりだとか、椅子やテーブルのアクセントカラーに取り入れるのもよいでしょう。

エントランスにイエローを取り入れて明るい雰囲気に

社員が毎日出入りする会社の玄関の色も無意識に影響を受けている場所の一つです。玄関には、明るい気持ちにさせてくれるイエローを取り入れることで朝出社した時に元気な気持ちで今日も頑張るぞ!という気持ちにさせてくれます。また、玄関をイエローで明るい雰囲気にしておくことで、来客された取引先にもプラスの印象を与えることができます。

休憩室にはグリーンでリラックスできる空間を

社内に社員がゆっくりくつろげるスペースがあることも社員のメンタルケアに重要なポイントです。休憩室には、心を穏やかにさせてくれリラックス効果があるグリーンを取り入れるとよいでしょう。観葉植物など自然のものを置くことでより高いリラックス効果を得ることができます。

最後に

いかがでしたか。職場のインテリアの色づいかいにはあまり意識したことはないかもしれませんが、社内にいる社員は無意識にもその室内の色によっても心理的な影響を受けています。社内の雰囲気が明るくなれば、仕事の能率もあがって会社の業績アップにもつながります。是非これを機に社内のインテリアに今回ご紹介した色を取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. Color
  2. Color
  3. Color
  4. Color
  5. Color
  6. Color