色の力で悩み解決|更年期障害の症状を軽減したい

40代〜50代に女性や男性が悩まさえる更年期障害。最近では若年性更年期障害という言葉もあり30代に発症することもあります。女性の場合は、生理が終わる閉経のタイミングで起こり女性ホルモンの分泌量が減ってくるので、イライラしやすかったりうつ状態になりやすかったりと色々な症状が現れます。男性の場合は、見た目に変化はあまりなくこれといった特徴的な症状があるわけではありませんが、なんとなく調子が悪いと感じることが増えるそうです。

そんな辛い更年期の時期に少しでも快適に過ごせるように、色の持つ効果を利用した効果的な色についてご紹介しますので是非参考にしてみてください。

イライラなどの緩和したい

女性の更年期障害によってイライラしやすくなったり、お肌や髪の調子がどうも悪いという方は、女性ホルモンが減少していることが原因と考えられます。女性ホルモンの分泌量の減少を抑えてくれるピンク色を取り入れることで、女性ホルモンの分泌を促進して症状を和らげる効果が期待できます。

また、淡いピンク色は見ているだけで心が穏やかになって優しい気持ちにしてくれます。普段よくつかっているもの、ファッションや寝室などのインテリアに取り入れることでよりその効果が実感できるでしょう。

ほてりを和らげたい

女性は、更年期障害になると体がポカポカしてほてりが取れないという症状が特徴としてあります。そんな時はブルー系の色を取り入れましょう。ブルーには涼感を感じさせ、体温を下げる効果があります。淡いブルーよりも原色に近いブルーの方がより涼感が得られ、効果的です。

やる気をアップさせたい

体がだるくて何をするにも集中できず、やる気が出ない時は元気で前向きな気持ちにしてくれるオレンジやイエローを取り入れましょう。どちらの色も太陽や光を連想させ、心を明るく元気にしてくれ活力を与えてくれます。また、イエローにはその他に心の疲れを癒やし、うつなどの症状も癒やしてくれます。

ぐっすり眠れるようになりたい

神経が過敏になっていて落ち着いて寝れない、疲れをしっかり取りたいという場合にはグリーンが効果的です。グリーンは神経を刺激して感情を落ち着かせてくれます。寝室に観葉植物や自然の緑の風景の写真やポスターを取り入れることで、よりリラックス効果が生まれ安眠へと導いてくれます。

また、グリーン以外にも興奮を鎮めてくれる淡いブルー系や心を癒やして安心感を与えてくれる淡いパープル系も効果的です。

さいごに

いかがでしたか。色の持つ効果を知って意識的に生活に取り入れることによって、更年期障害の辛い症状も軽減することができます。更年期障害を少しでも快適に乗り越えられるように、是非これを機に色の心理効果を活用してにてはいかがでしょうか。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler