色の力で悩み解決|抜け毛が気になる

男性だけでなく女性にとっても深刻な悩みの一つである「抜け毛」。髪の毛は多い方が若くみえる、髪が薄くなるとふけてみえるなどの理由から、髪の毛は少しでも多く残しておきたいもの。髪をといた時や髪を洗った時、タオルで髪を拭いたときに髪の毛が大量に抜けているのを見たらゾッとしてしまいますよね。誰しも、少しでも抜け毛は最小限に抑えたいと思うものです。

そこで、こちらでは抜け毛対策の一つとして、色の持つ効果を利用した抜け毛改善方法をご紹介したいと思います。そんなことは本当にできるのか?と思われたかもしれませんが、東洋医学の五行に関連している色に注目することで、根本的な部分からの対策を行なうことができるんです。

五行と色の関係とは?

五行とは東洋医学の教えの基本となるもので、自然界は五つの要素「火・土・水・金・木」でできているという考えです。そして、人間の体の健康は五臓と関連つけられた五色の食材をバランスよく摂ることで保たれると言われています。五臓とは、肺、心、腎臓、肝臓、脾臓でそれぞれ赤、黄、青、白、黒の食材と関係しています。

例えば、目が疲れやすいという症状は、肝臓の健康と関係しており、青色の食材を摂ることで肝機能をアップさせ目の疲れを癒やすことができるという風に考えます。抜け毛もこれと同じ様に五行の考え方で改善することができるのです。

抜け毛の根本的な原因は血液と腎臓に関係してるって本当!?

まず、抜け毛が起こる原因の一つは、頭皮の血行が悪くなり栄養が不足している状態だから、ということがいえます。そして東洋医学の五行の教えでは、髪の発育と腎臓が深く関係しているということも言われています。腎臓は、人間のあらゆる部分の成長・発育と関わっており、腎臓の機能が低下してしまうと頭皮や髪の毛の成長にも悪影響がでてくるんです。

本当に腎臓が髪と関係が?と思われたかもしれませんね。「恐怖を感じて一晩で髪が白髪になった」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、腎臓は恐怖心を感じるとダメージを受けやすいことから髪と腎臓の関係にはなるほどと感じていただけるのではないでしょうか。

黒色の食材で抜け毛予防をしよう!

抜け毛対策に効果的な食材は、黒色の食材です。具体的には、玄米や黒豆、黒ゴマ、わかめなどです。これらの食材は髪の質を改善する効果が期待できますので、抜け毛が増えてきたなと心配になってきた時は積極的にこれらの食材を摂るように心がけてみましょう。

また、頭皮の血行をよくするために料理に黒酢を使うという方法も効果的です。黒酢は血液をサラサラにしてくれるだけでなく、発毛効果もあるといわれているので、髪の量で悩んでる方には是非試していただきたい食材です。料理に毎回入れるのは面倒だし難しいという方は、最近は黒酢が入ったドリンクも販売されているので、うまく利用することで毎日続けやすくておすすめです。

さいごに

いかがでしたか。抜け毛など髪のトラブルで悩んでいる方は、今回ご紹介した東洋医学の教えを元に、黒色の食材を続けて摂るように心がけてみてください。すぐに効果がでるということは難しいかもしれませんが、毎日コツコツと続けていくうちに体質が改善されて髪のトラブルも緩和していくことを実感できるのではないかと思います。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler