色の力で悩み解決|妊娠期間中、子育て中を快適に過ごしたい

マタニティー・ブルーという言葉あるように妊娠期間中の女性は、体や体調の変化や生まれる赤ちゃんの健康状態などに対して不安になったり悩んでしまうというケースがよくあります。一時的なものならまだいいですが、慢性的にメンタルが不安な状態になってしまうと、おなかの中の赤ちゃんにも少なからず悪影響を与えてしまいます。おなかの中の赤ちゃんのためにもママが上手に気分転換をしてストレスを貯めこまないようにすることが大切です。

そこで、ここでは色の心理効果を利用してマタニティーブルーの症状を和らげ妊娠期間中にポジティブな気持ちになったり、気分をリセットするための、症状別に効果的な色についてご紹介します。

不安な気持ちでいっぱい、よく落ち込む

特に妊娠初期の頃は、流産のリスクが高かったり女性ホルモンのバランスが乱れやすくなることから不安な気持ちが続くことが多いと思います。そんな時に不安な気持ちを取り除いてくれるのがベージュです。

ベージュには、心をほっとさせて安心感を与えるという効果があります。妊婦さんは家にいることが多いかもしれません。その場合には、家の中の壁や天井など視覚に入りやすいところをベージュ系にすることで、家の中で一人でいても不安な気持ちを落ち着かせてくれます。

また、オレンジ色も気持ちを元気にするために効果的です。特にすぐに落ち込んだりしてしまう時などはオレンジ色のアイテムを取り入れることで、明るく前向きな気持ちにさせてくれます。

イライラしやすい、怒りっぽい

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなるためイライラしたり怒りっぽくなりやすいもの。そんな時は、女性ホルモンのバランスを整えてくれる淡いピンク色が効果的です。淡いピンク色には見ているだけで優しい気持ちにしてくれ穏やかな心へと導くという効果もありますので、ファッションやインテリアなど目に入りやすいところに取り入れるのがポイントです。

食べ過ぎて太らないか心配、食欲がない

妊娠期に入るとおなかの中に赤ちゃんがいることもあって食欲が旺盛になります。赤ちゃんに充分な栄養を届けるために食事は大切ですが、産後の体型戻しなど色々考えているとできる限り食べ過ぎには注意したいですよね。そんなあなたに効果的なのはブルーです。ブルーには、食欲を抑える効果がありますので、ランチョンマットや食器などに取り入れると食べ過ぎを防ぐことができます。

逆に食欲がでなくて困ってるというママには、オレンジや赤色がおすすめです。胃腸の働きを促進し、食欲をアップさせてくれる効果がありますので、同じ様にランチョンマットや食器などに取り入れてみましょう。

寝れない、寝付きが悪い

妊婦さんは家事に、自分の体調管理をしなくてはならず、中には仕事をしているママもたくさんいて疲れが溜まりやすいですよね。そんな妊婦さんにとって体の疲れをとるのに重要な睡眠がちゃんと取れないというのは辛いもの。

眠気を誘い、安眠効果を高めるために効果的なのが、淡いブルーやパープル系です。淡いブルーは神経のはたらきをやわらげてくれ、淡いパープル系は人間の自己回復能力を高めてくれる癒しの色なので、どちらかの色をベッドカバーやシーツ、パジャマなどに取り入れてみると効果的です。

さいごに

いかがでしたか。妊娠中は色々な不安がおそってきて気持ちが安定しにくいと思いますが、色の効果をうまく日常に取り入れることでうまく気分転換ができて不安な気持ちを軽減することができます。是非、あなたが抱えている不安や悩みに該当する色を積極的に取り入れて、楽しくてポジティブなマタニティライフを送ってください。

子供がいうことを聞かない、子供にイライラすることが多い、子供をどうやって育てたらいいのか分からないなど、子育てしているママやパパは色々な悩みを抱えていたりストレスを感じてることと思います。これは誰が悪いというわけではありませんが、親がしっかり感情をコントロールして子育てをする必要があります。

そこで親の感情のコントロールや親が少しでも穏やかな気持ちで子育てをするために色の持つ心理効果の活用は大変役立ちます。具体的にどのような色が役立つのか説明しますので、是非参考にしてみてください。

1歳までの幼児にビビッドカラーは控えよう

まず、生まれてからだいたい1歳までの乳幼児にはなるべく原色のビビッドカラーや黒色は避けて、パステルカラーなどの淡い色のものを取り入れるようにしましょう。赤ちゃんとはいえ、大人と比べて色から受け取るメッセージに敏感です。特に黒色はネガティブな感情を生み出したり望ましくない悪いエネルギーを引き寄せてしまうので避けましょう。

おすすめの色はパステルカラーの中でも淡いピンク色です。淡いピンク色は、無償の愛を表現している色です。赤ちゃんと自分の両方を淡いピンク色の服やおくるみ、寝具を使用することでお互いの愛情を深めるのに役立ちます。

お子様のタイプによって色をうまく活用しよう!

子供の性格や特徴はどの家庭でも色々。そして、その子供の感情をコントロールすることは難しいですし、どなりつけたりしてもいい結果にはなりません。そこで、子供のタイプ別に親が子育てしやすくなる色をご紹介します。

よく泣く、興奮しやすい

お子様がちょっとしたことですぐに泣いてしまったり、いつも興奮していて落ち着きが無いと感じる場合には、心のバランスを保ってくれるグリーン系や興奮を沈めてくれるブルー系の色を取り入れましょう。

勉強に集中できない

親としては子供には色々ことに興味を持って自分の好きなことを見つけたり、勉強に集中してほしいと思うはず。そんな時に効果的なカラーがイエローです。イエローには、気持ちを明るくして色々ことに好奇心を持たせる効果や集中力を高める効果があります。学者や弁護士の多くが黄色を好む傾向があるとも言われています。

子供部屋など壁や天井など部屋全体をイエローにしてしまうと、逆に考えや行動に混乱を招いてしまうので、勉強机のマットなど部分的に使用することをおすすめします。

元気で明るい子に育ってほしい

どの家庭でもそうだと思いますが、子供にはいつでも元気で明るくいてもらいたいもの。そんな時には、子供部屋やリビングなど子供がよく過ごす部屋のインテリアにオレンジ色や黄緑色を取り入れると効果的です。

オレンジ色は、太陽のようなあたたかく明るい気持ちにしてくれアクティブな行動を促します。また、黄緑色は若葉のようなフレッシュで若々しい気持ちにさせてくれます。

自分の感情をうまく表現できない

内気で自分が思っていることを中々言葉で外に向かって伝えることができないというお子様には、ターコイズブルーが効果的です。ターコイズブルーは、心を自由に開放してくれる効果があるので、自分の心の中を表現するのを助けてくれます。

いじめで悩んでる

友達とうまくとけこめずいじめでどうやら悩んでる。。という場合は、赤色を積極的に取り入れましょう。赤色は、自信を高めてくれる色なので、いじめに対して自分をしっかりもって立ち向かう気持ちにさせてくれます。また、ファッションなどで身に着けることで相手に対して強い印象を与えることができるので、自己防衛能力を高めるという意味でも有効です。

親のストレスや不安な気持ちを解消するためには塗り絵セラピーがおすすめ!

親が子育てだけでなく家事や仕事などからもつくられるストレスや不安な気持ちを解消するための方法として、色の効果を利用した塗り絵セラピーがおすすめです。セラピストのところへ行くということがもちろん気分転換にもなっておすすめなのですが、自宅で自分だけで塗り絵を楽しむことでも効果的です。実際に試してみると分かりやすいと思いますが、自分の好きな色で塗り絵を行なうことで、ストレスを発散することができるんです。お子様やご家族みんなで一緒にやるのも、家族の絆を深めるという意味でもおすすめです。

さいごに

いかがでしたか。色の心理効果をうまく利用して子供の心理状況をうまくコントロールすることで子育てのしやすい環境をつくるのに少しでも役立ってくれるはずです。子育てがうまくいかずにイライラしたり不安を感じている親御さんは是非これを機に色を意識的に使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. Color
  2. Color
  3. Color
  4. Color
  5. Color
  6. Color