色の力で悩み解決|商談や会議などでの交渉を成功させたい

営業マンにとって商談で望んでいた内容で受注をもらったり、社内の会議で自分のプランを認めてもらうなど、できるかぎり交渉をする時に思い通りの結果を出したいですよね。交渉をうまく成功させるためには、色々な交渉術というものがありますが、その中で色の効果を利用するというのも一つの方法です。

こちらでは色々な交渉を行なう上でシーン別で効果的な色の使い方をご紹介しますので、交渉を思い通りに成功させたい!という時は是非活用してみてください。

自分が主導権を握って交渉を進めたい場合

自分が何か相手にものを売りたい時や自分のペースで交渉を進めたい時に効果的な色がブラックです。ブラックは、自分の意思を強く持たせてくれるので、例えば商談時に黒色のスーツを着ることで自信を持った言動や態度で商談を進めることができます。また、相手に威圧感を与えるので相手は口出ししにくく、自分のペースで話がしやすくなります。

お願いごとをしたい場合

客先に何か頼みごとをしたい時に取り入れると効果的なのはイエローです。イエローは、コミュニケーションと関係している色でこの色を身につけることで、積極的に自信を持ってコミュニケーションを取ることができるようになります。また、相手にとってポジティブで明るいプラスのイメージを与えることができます。ちょっと言い出しにくいことがある時や、飛び込み営業など初対面の人に何かお願いごとをする時は、紺色のスーツにイエローのシャツの組み合わせなど、イエローを服装の一部に取り入れてみてください。

お断りをしたい

商談を受ける立場として、何かお断りをしなくちゃいけないけれどなかなか言い出しにくいということも良くあると思います。そんな時は、ブラックとグリーンの組み合わせを取り入れると効果的です。ブラックは、断るための強い意思を持たせてくれ、グリーンは相手に穏やかさや落ち着いた気持ちにさせることができます。ちょっと言い難いことがある時にこの色を使うことで、自分の言いたいことを伝えることができる上に相手にも嫌な気持ちにさせにくくするという効果があります。

お詫びをしたい

何かミスをしたりトラブルが起きた時は相手でできるだけ誠意を伝えたいですよね。そんな時は、控えめな印象を与えるグレーを取り入れましょう。グレーは、白と黒の中間色ではっきりしない地味なイメージを与える色で、相手に謙虚さや反省している気持ちが伝わりやすい色です。お詫びをする時は、濃い目のグレーよりも淡いグレーのスーツを着て行くのがおすすめです。

最後に

いかがでしたか。ビジネスマンとして成功するためには交渉をうまくすすめる能力はとっても大切なことの一つ。交渉事は色々なテクニックも必要なのでそんな簡単には成功させることは難しいものですが、少しでも有利に、あなたの思い通りに進めるためのツールの一つとして色の効果を利用することはとても役立ちます。是非、こちらでご紹介したシーン毎の交渉に効果的な色を取り入れて、色の保つ効果を実感してみてください。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler