色の力で悩み解決|冷え性を改善したい

女性の多くが悩まされる体の冷え。体の冷えは、ただ冷たいとか寒いと感じてしまうだけでなく、肌荒れやむくみ、肩こりなど体のさまざまな不調の原因になっている可能性があります。冷えは万病の元といわれるように、不妊など生殖器に関わる病気にも関係しているので、できるだけ早めに冷えを改善することが大切になってきます。

そこで、こちらでは色の効果を利用して冷えを改善できる方法をご紹介したいと思います。色はいつかれでも誰にでも簡単に生活に取り入れることができますので是非一度試してみて下さい。

体を温めてくれる効果的な色とは?

冷えを改善するためには体を温めて体温をアップさせることがポイントになりますが、色々な色の中もレッドがその効果を持っています。レッドには、心拍数を高め血流をよくするという効果があります。また、体温を上げてくれるという生理学的な効果もあります。視覚的に赤を見たときに、脳のアドレナリン分泌が促進されるからです。レッド以外には、炎などあたたかみを感じさせてくれる濃い目のオレンジも効果的です。

効果的な赤色の取り入れ方

冷え性を改善する時のポイントに、下半身を温めるということが効果的であると言われています。そして、下半身を温めるためにはおへそまでしっかり隠れるパンツや腹巻きをするということが効果的です。その時に赤色のものを取り入れることでよりそのあたため効果をアップさせることができます。また、素材はコットンなど天然素材のものがおすすめです。赤色のパンツはちょっと恥ずかしい。。と思われる方は、お風呂あがりの後など誰に見られることがない家の中で寝る時などに身につけるとよいでしょう。

また、冷えやすい足先の対策としては、赤色の靴下を履くのも効果的です。冬だったら普通の靴下の上に赤色の毛糸で編んだソックスを履くのも可愛いい上に効果的です。

身に付ける物以外の取り入れ方としては、寝室など部屋の照明を白色の蛍光灯ではなくオレンジ色の電球に変えるのも一つの方法です。部屋の中にいてもなんとなく寒いと感じてしまうのは、白色の蛍光灯が原因になっている可能性もあります。オレンジ色の電球の方が、あたたかみのある色で部屋の雰囲気を落ち着いたぬくもりのある空間に変えてくれます。特に冬の時期は、寒さを和らげてくれるオレンジ色の電球を使用されることをおすすめします。

最後に

いかがでしたか。冷え性を改善するためには、普段の生活習慣を見直すなど様々な対策が必要になってくると思いますが、一つの対策として色の持つ心理効果をうまく利用するのも一つの方法です。是非これを機に体を温めてくれる効果のあるレッドを意識的に活用して冷え性改善に役立ててみてはいかがでしょうか。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler