色の力で悩み解決|不安な気持ちを和らげたい

毎日生活をしていると楽しいことや嬉しいことがあって元気な時があっても、ふと頭に不安がよぎってそこから色々なことが心配になってきてネガティブ思考になってしまうということはありませんか。一度不安な気持ちになってしまうと中々ポジティブに考えるのは難しいですよね。

しかし、不安な気持ちからはできたらすぐに抜け出したいものですよね。できたら心配なんてしたくないし、いつでも前向きで明るい気持ちでいたいと思います。そこで、こちらでは不安な気持ちでそのネガティブな感情から抜け出せなくなった時に、色の持つ効果をどうやってつかったらポジティブな気持ちになることができるのかということをご紹介したいと思います。

自分に自信がなくなって不安な気持ちになった時

不安な気持ちになる原因は色々ありますが、その中でも自分に自信が持てなくなったことが原因である場合は、オレンジを取り入れると効果的です。オレンジは太陽のように元気で明るい気持ちにしてくれ、自信や積極的になれる気持ちを出してくれる効果があります。

孤独感を感じている場合

人間関係がうまくいっていない時は、本当はそうでなくても孤独な気持ちになってそこからマイナス思考に走ってしまうということもあるかもしれません。そんな時は、イエローを取り入れましょう。イエローは五感の中でも聴覚と関係していて、にぎやかな声をイメージさせてくれます。そのため、一人で寂しいと感じてしまう時にはイエローを見ると元気で明るい気持ちにしてくれるのです。軽いうつ状態になった時に取り入れても効果的な色です。

しかし、イエローをメインの色として使うのは注意が必要です。黄色は注意とか危険を表す色でもあるので、多用すると逆に不安な気持ちをかきたててしまいます。イエローを取り入れる時は、部屋の中のインテリアを全部黄色にするということは避け、ワンポイントで使うようにしましょう。

将来のことが不安でたまらない場合

将来のことを色々考えていると、まだ怒ってもいないことに心配になってきて不安な気持ちでいっぱいになるということがあるかもしれません。この場合は、グリーンを取り入れてみましょう。グリーンは自然をイメージさせる色なので、リラックス効果や安心感を与えてくれます。また、中立を表す色でもあるので、バランスの取れた考え方ができるように導いてくれます。

また、現実としっかり向きあわせてくれるブラウンも効果的です。将来の不安はいくら考えても、どうにもなりません。目の前にあることしっかりと見つめる事のほうがもっと大切なはずです。ブラウンはグリーンと同じ様に安心感を与えてくれる色でもあるので、観葉植物などをインテリアに取り入れるとよいでしょう。

最後に

いかがでしたか。不安になる気持ちには色々な原因があると思いますが、まず原因になっているのは何なのかということを考えることが大切です。そして、その原因になっている感情に合わせてあなたに必要な色を取り入れるようにしてみてください。是非、これを気に色の持つ効果を実感してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler