色の力で悩み解決|やさしい性格の女性らしさを手に入れたい

本当はそんなことないのに第一印象が「キツそう」「こわそう」というイメージを持たれやすい、あなたはそんな悩みを抱えていませんか?その人の印象は、全て第一印象で決まると言われているほど、一番最初に与える印象というものは大切なもの。女性であれば、誰でもしなやかでやさしそう、品のある女性って思われたいですよね。

そんなあなたにおすすめなのが「藤色(ライトパープル)」です。

大人の品のある女性らしさを象徴する「藤色」

藤色と聞くとあなたはどんな印象を受けますか。藤色は、パープルを明るくして淡い灰色を混ぜたようなパステル調の色。古来より紫は世界的に見て最上級の高貴な色として扱われてきた歴史があり、藤色は数ある色の中でも最も上品な色として扱われています。日本では平安時代より古くから女性に馴染みのある色として衣服に使われてきたんですよ。

女性らしさを象徴する色というと、ピンクを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、藤色のような淡いパープルも同じような効果があるんです。そして、ピンクは可愛らし少女らしさをイメージさせますが、藤色は大人っぽい品のある女性、繊細で内気、家庭的な印象を与えることができます。また、落ち着いた印象を与えることで頼りになりそうな女性と印象づけることもできます。

藤色をファッションに取り入れて第一印象アップ!

見た目だけの印象でなんとなくキツそう、こわそうと思われがちな方は、積極的に藤色のアイテムやファッションを身につけることでその印象をやわらげ、落ち着き感のあるやさしい大人の女性の印象を与えることができます。特にその人のイメージが数秒で決まってしまう第一印象を与える時に取り入れることで、相手にプラスのイメージを当てることができるのでおすすめです。

特に、男性と初対面で会うときや、出会いがほしいと思っている方にピッタリです。男性目線で見ても藤色は温和でやさしそうなイメージを与えるので、デートやお見合いなど最初の挨拶のときに取り入れると好印象を与えることができて効果的ですよ。

しかし、藤色はファッションに取り入れるカラーとしてはハードルが高めで難易度が高い色。そこで、藤色をうまく使っておしゃれに見せることができるコツを少しご紹介したいと思います。

藤色をうまくファッションに使うポイント

まず一番大事なポイントは、藤色はアクセントカラーなど部分的に取り入れるということです。藤色がいくらやさしくて品のある印象を与えるとはいえ、全身藤色にしてしまうと全体的にぼやけた印象になって逆効果の印象を与える結果になりかねません。

おすすめ使い方は、トップスとボトムスのどちらかに使ったりスカーフやベレー帽などアクセントカラーとして使う方法です。ホワイトカラーを貴重にして藤色を使うとさわやかさもプラスされます。

さいごに

いかがでしたか。藤色は女性らしさだけでなく女性が持っている魅力をアップさせ、やわらかい印象を与えてくれる色。男性女性問わず、第一印象を大人の上品な女性として相手に与えたい場合は、毎日使っているアイテムやファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。身に着けているだけで、自分自身の立ち振舞や心の持ち方も変わってきますので、是非ためしてみてくださいね!

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler