【無料診断】気になるあの人はどんなタイプ?カラーセラピー診断で性格診断

付き合っている恋人や気になるあの人…。【 色 】で表したら何色ですか?

カラー診断なら、隠れた性格や深層心理で求めているものがまるわかり!

恋愛中のあなたも、準備中のあなたもこのカラー診断は必見です。

好きな人、気になる人を思い浮かべてください。

あなたの好きな人、気になる人を色で表すと何色ですか?

その人がよく身につけている洋服や小物の色でもいいですね。

ポイントはあれこれ考えるのではなく、直感で選ぶこと。

準備はいいですか?

・赤

・青

・黄

・緑

・紫

・ピンク

・オレンジ

・白

・黒

赤の性格

情熱的でエネルギッシュ、人の輪の中心にいるリーダータイプ。

それがあなたの気になるお相手では?

赤は燃え盛る炎の色であるように、自分が決めた目標に迷わず、ぶれずに突き進むことができる人。

そのエネルギーは周りの人にも熱を与え、波及していくので、目立つ存在として一目置かれる人です。

また新しいものや流行にも敏感で、おしゃれ大好きな一面もあります。

青の性格

深い海のように、動じず冷静沈着。

意見が交錯してざわついている時でも一人、静かに物事の本質を見極めながら議論を聞いているようなタイプです。

落ち着いて行動するため、行動がどこか優雅。品がいいと言われていませんか?

精神世界、哲学的な一面もありとても慎重の物事を進めようとします。

安定を求めますので、流行りのものに飛びついたり、夜通し遊んで羽目を外したりという話をする人のことが理解できない一面も。

黄の性格

黄色は新一年生のランドセルカバーや長靴などでよく使われるように、子どもにちなんだ色といわれています。

イメージそのままにまさに無邪気で明るく素直な人では?

好奇心旺盛で、場所見知り、人見知りをしないのもこのタイプ。

相手の気持ちを瞬時に読み取る力に優れているので、相手の気持ちを汲みながらもうまく自分のペースに持ち込む器用さも備えています。

無邪気が過ぎてわがまま、自己中と取られてしまうこともありますが、「まあ、あいつだから」と許されてしまうのも黄色タイプの特徴です。

緑の性格

大地を覆う緑のように、おおらかで協調性のある人、それがこのタイプの人です。

バランス感覚に優れ、感情的になるのを嫌うのでいつもニコニコしていませんか?

その優しい人柄から悩みごと相談の窓口のようになってしまうことも。

また、人一倍努力家ですがそれを人に見せたりはしません。

目立つことが嫌いですが、努力の成果物としての出世、尊敬は集めたいという、相反した気持ちの間で揺れることもあるようです。

紫の性格

紫は昔から高貴なものとして神仏行事でも使用されている色。そのイメージ通りに高貴で品がよく、神秘的なオーラが出ていませんか?

同じ目立つ、でも赤とは違い「カリスマ性」を秘めているのがこのタイプの特徴です。

美的センスに優れていて、真似できそうで真似できない非常にハイセンスなおしゃれを難なくこなすタイプ。

感受性が強いので相手の心の内を汲むのがとても上手です。

人と接するのは嫌いではありませんが、ひとりの時間をとても大切にします。芯の強さは他の色と比べても、ダントツ一番でしょう。

ピンクの性格

華やかで愛らしい印象を与えるピンク。

恋愛の色ともいわれるピンクを好む人はまさに人に愛されたい、甘えたい、かまってほしいというタイプが多いようです。

人の前に立つというより、ぐいぐいと引っ張ってもらうことを望むので、相性のいいリーダーと組むとのびのびと力を発揮します。

また、愛されたいと願うのと同じくらい愛情を与える人なので、お世話上手。

相手を不愉快にしないということを最重要視しているので、ズバズバ発言する人は苦手です。

オレンジの性格

太陽を連想させるように明るく華やかで天真爛漫、それがオレンジの人です。

人間大好きでコミュニケーション能力が優れているので、初対面の人とでもすぐに打ち解けてしまうのでは?

誰かと一緒にいることに安心を覚えるので孤独が苦手。一人でいるといわれのない不安に駆られることも。

なので、このタイプは人間関係に重きを置いているので、その善し悪しがダイレクトに精神状態に影響してしまいます。

人に嫌われたくないという思いが強いので、自分がつらい時でも明るくふるまってしまうのもオレンジの特徴です。

白の性格

純潔、高貴、何色にでも染まってしまう無邪気さもある白の人。

常にまっすぐで努力を惜しまず、真面目という言葉がぴったりですし、本人もそれを望んでいます。

また、余計なものを好まないシンプル・イズ・ベストをモットーとしているので、派手な浪費とは無縁です。

真面目が過ぎて堅苦しい、融通が利かないと思われてしまうことも。

ですが、それが白のいいところ。どの色より信頼を集めることのできるタイプといえるでしょう。

黒の性格

何色にも染まらない黒、つまり「自分は自分でありたい」と強く願うタイプといえます。

また、冠婚葬祭で使用されるように規律や自立を重んじる色。強い信念を持っていて自分に厳しいタイプといえます。

その一方で自分の弱さを隠すために、また弱い自分を奮い立たせるために黒を選んでいる面も。

自分に厳しい分、他人から自分がどのように評価されているのか、とても気にします。

感情をさらけ出すのは子供のすること、と一歩引いたところで周囲を観察していますが、実は情熱を秘めた向上心の強い人ともいえるでしょう。

関連記事

  1. 空
  2. 靴
  3. 風船
  4. ハート
  5. ピンク
  6. 色鉛筆