迷いを払拭!カラーセラピーでわかる仕事・適職

適職を知って生活に役立てる

適職を知って生活に役立てる自分に適している職に就いている人は、どれだけいるでしょうか。思い通りに就職しても、こんなばずじゃなかったと思う人も結構多いはずです。カラーセラピーでは、性格やその人の得意分野を知ることができるので、適職を導き出すこともできます。様々に色には意味があり、それを選ぶことで、最も適している仕事がわかるわけです。カラーセラピーは深層心理などを知るばかりでなく、実生活に直結する役割もあります。それでは色を選んで、適職は何になるのかを診断していきます。

赤を好む人の適職

赤を好む人は、何事にも積極性があり、やる気にあふれているとされます。バイタリティーがあり、頭の回転が速いはずです。身体は活性化されていて行動力があります。物事に前向きに考え、新しいことに挑戦する気持ちが強いようです。これらの点を加味すると、営業職、肉体労働系の職種、独立経営者、看護師、政治家などの仕事が適職になります。

ピンクを好む人の適職

ピンクを好む人は、愛情や優しさにあふれているとされます。自分自身もねどちらかというと、幸福感にあふれているようです。人に対する気配りに長け、大きな愛で包み込む包容力があります。依存心が強く、甘えたいという面もあるようです。これらの点を加味すると、保育士、看護師、接客業、ペットに関連するトリマー、美容師、福祉関連の仕事が適職になります。

黄色を好む人の適職

黄色を好む人は、基本的に性格が明るく、知的で物事を楽観的に捉えるされます。好奇心が旺盛で、幅広い分野に関心を持っているようです。身体的に元気でハツラツとした状態にあります。人に弱みを見せることは好まず、幼さと優柔不断さを隠し持つようです。これらの点を加味すると、コンサルタント業、マーケッター、学者や研究者、枠にとらわれない業種が適職になります。

緑を好む人の適職

緑を好む人は、いつでも心が安定していて、どんな事態に遭遇しても自然体でいられるとれます。物事には完璧を求める傾向にあります。金銭感覚もしっかりと安定しています。理想と現実の落差を感じやすいとされます。 用心深くちょっとしたことでも不信感を抱きやすいようです。これらの点を加味すると、レジャー産業、コーディネーター、セラピスト、診断士、信用が必要な業種が適職となります。

青を好む人の適職

青を好む人は、理性的で、精神面に落ち着きがあるとされます。物事は真面目に取り組み、常に冷静に判断できるはずです。じっくりと考えてから行動に移ります。感情をコントロールすることに長けています。若干、孤独感を抱きやすい面があります。これらの点を加味すると、経理や金融関連の業種、研究職、理工系の技術職が適職になります。

紫を好む人の適職

紫を好む人は、直感が鋭く、豊かな感受性を持つとされます。いろいろな分野の閃きに長けているはずです。精神的に繊細な面があり、不安や悩みを抱えやすいとされます。情緒不安定になりがちで、自分の殻に閉じこもることもあります。非現実的な考え方をします。これらの点を加味すると、デザイナー、芸術家、ジャーナリスト、宗教家、占い師などが適職になります。

白を好む人の適職

白を好む人は、下心をほとんど持たず、純粋で素直とされます。性格的に明るさがあり、物事に潔癖さを求める傾向にあります。理想が高い面があり、満足感は得にくいようです。諦めが早く、ドロ沼のような対人関係は好みません。融通が利かない面があります。これらの点を加味すると、セラピスト、カウンセラー、マッサージ師、イラストレーター、マンガ家が適職となります。

まとめ・色の選択が仕事の選択にも

カラーセラピーの活用法の一つして、適職を知ることができます。主だった色別に、様々な性格的な特徴や行動の傾向がわかり、それらを元にすると適職が導き出せることがわかります。黄色では明るさ、ピンクでは人に尽くすことなどとなり、人間味のようなものが関係してきます。青や紫の系統の色では、精神性に対する影響力が多いようです。カラーセラピーが示唆する色による選択を仕事の選択にも活かしたいものです。

関連記事

  1. Color
  2. 色鉛筆
  3. Color
  4. Color
  5. Color