色彩心理療法とは?運命数33の人の性格とラッキーカラー

カラーセラピーは、意外にも昔から治療に使われていました。

インドでは5000年以上も前から、アメリカでも50年ほど前からカラーセラピーによる治療がされてきたのです。

7種類のカラーをベースに、それぞれのチャクラを通して心身ともに治療をしていきます。

これを色彩心理療法といいますが、その人が持っている「色」の強さをオーラとも言ったりします。

そこで今回は、チャクラの色ごとにカラーセラピーでの治療について説明していきます。

①赤(第一チャクラ)

生命力をつかさどる第一チャクラである赤色は、生命力があふれているという反面生命の危機にさらされているということも考えられます。

ストレスで精神的にも肉体的にもダメージを受けているということもあるので、注意が必要です。

②オレンジ(第二チャクラ)

生殖機能をつかさどる第二チャクラであるオレンジは、性欲や愛情などの問題を治療していくのに役立つ色です。

育児でイライラしているときなどにも、産後うつの治療に用いられます。

③黄(第三チャクラ)

消化器官をつかさどる第三チャクラである黄色は、胃や胆のうなどの消化器官に影響の出やすいストレスや不安感を治療していきます。

黄色は太陽の色といわれているので、カラーセラピーでは元気を出すために黄色が使われているのです。

④緑(第四チャクラ)

他人との距離感をつかさどる緑は、愛情や独占欲などの協調性を重んじたいときに用いられます。

カラーセラピーの治療では緑は自然に近づける色といわれており、心臓などの器官を丈夫にしていきます。

⑤水色(第五チャクラ)

他人とのコミュニケーション、そして本音で語り合うことができるかどうかということをカラーセラピーで見ていきます。

顔から首にかけてのパーツをつかさどっており、本音で語り合うには相手の顔を見なければならないという意味が含まれています。

⑥青(第六チャクラ)

きちんとしたものを見極める力を身につけて、常に本当のものを見ていく力を養っていくのが第六チャクラの青色です。

カラーセラピーでは見定める目の治療に用いられ、真実を見る洞察力を身に着けるために使われています。

⑦紫(第七チャクラ)

紫は、いわゆる第六感をつかさどる色で霊感や不思議なものを見る力をカラーセラピーで養っていきます。

治療としては、霊感が強すぎるときなどにバランスを調節する役割もあります。

そのため、脳に直接働きかける色だといわれています。

まとめ

カラーセラピーにおける色彩療法について、治療の目的でつかわれる色について7種類見ていきました。

カラーセラピーの凄いところは、昔から視覚として入ってきた情報を直接脳に伝えて色による治療をおこなってきたということです。

この色はどこに効く、ということを実証しながら、現代まで進化を続けてきたカラーセラピー。

わたしたちも、もっと日常から意識をしてカラーセラピーをもっと勉強していかなければならないですね。

色彩心理療法は今後ももっと進化して、私たちの体調不良や生活全般をたすけてくれるのではないでしょうか。

この先もっと色に関する情報や効能が発見されて、治療が有益化すると思います。

今後が楽しみなので、もっと様々なシーンでカラーセラピーが活躍してくれると良いですね。

運命数33の人の主な性格

運命数が33の人は、周りの人を包み込む大きな愛を持ち、壮大なスケールの自由人とされます。33はマスターナンバーと呼ばれ、特殊な数字として扱われています。33には、超人、変人、不思議、理解を越える、宇宙人といった意味合いがあります。チャレンジ精神が旺盛で、新しいことに取り組むことに喜びを感じるようです。自分の幸せだけでなく、周りにいる人たちの幸せや世界の幸せのような壮大なものも求めようとします。困っている人に対する奉仕の心も持ち合わせています。世界を動かすほどの行動力があり、人を率いて変革に身を投じることもあります。駆け引きや競争が苦手で、愛情と感性が豊かで繊細な心も持つとされます。物事に関する損得勘定が苦手なので、生活に困窮することもあります。見返りを求めない愛情があるので、福祉や医療、占いなどの分野で力が発揮できるはずです。恋愛では相手の気持ちを察することに長けスムーズに発展するとされます。性格や外見よりも直感で好きになる傾向にあります。

運命数33の人のラッキーカラー

ラッキーカラーは虹色となります。この虹色は、希望、幸運、無条件の愛や博愛、壮大さなどを象徴する色として知られています。人が見分けられる色の全てが並ぶので、全てが揃う壮大な広がりにつながるとされます。運命数9のラッキーカラー・虹色の要素に愛の要素が加わっている意味合いになっています。豊かな感情や多様性をもたらすとされます。慈しみの心を取り戻させたり、自己犠牲を伴う大きな変革に希望の光を見出すとも言われています。また、通常の人の理解を越えた言動が行き過ぎないように適度に和らげることもあります。

運命数33の人の運勢

今までどうすることもできなかったことを成し遂げたり、救世主的な役割が多い運勢になるとされます。独自の壮大な世界観を持ち、自分の幸せよりも、人々に愛や安らぎを与えること大切にするようです。通常の人の考えとスケールの大きさが違うため、周りから理解されず、かなり厳しい人生になることも考えられます。物事の全体像を把握する力に優れ、大局的な判断ができるとされます。良き理解者を見つけると安定して力が発揮できるはずです。人類の平和が自分の幸せというような考えを持つので、適職に出会うまで時間を要し、転職を何度も繰り返すとされます。どんな状況でも愛情に深く繊細な感性を持っているので、人の気持ちに寄り添えるようです。恋愛は直感的な好きなった相手と付き合うことが多くなります。相手が変わる度に全く違ったタイプと言うことも考えられます。

運命数33の人のまとめ

33という数字は、特殊なマスターナンバーとされ、超人、宇宙人、理解を越えるといった意味が込められています。運命数33の人は、周囲の人を大きな愛で包み、壮大な偉業を成し遂げようとすることがわかります。損得などを意識をせずに救いの手を差し伸べるようです。挑戦意欲にあふれ、新しいことに取り組むことを好みます。駆け引きや競争が苦手とされます。些細なことは気にしない面があり、楽天的なようです。恋愛では、直感で好きになり、相手の気持ちを察するのに優れていることになります。ラッキーカラーの虹色は、豊かな感情と大きな愛をもたらす色とされています。運命数33の人の大局的な判断や慈悲深さに影響力を持ちます。運勢的に見ると、周囲の人の幸せを求め、大きな変革を成し遂げるようなものになるとされます。常人を越えた特性を活かせば、大きな幸せに包まれるはずです。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. Color
  2. 減法混色
  3. 女性
  4. Color
  5. パレット