自分に合う色で魅力が上がる!パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーと言う言葉を耳にしたことはあるでしょう。パーソナルカラーとは、あなたの持っている肌の色をはじめ、髪や瞳の色、唇などから見て、その人を引き立たせるようなカラーのことを言います。同じ肌色や同じ髪の色に見えたとしても、みなさん少しずつ違いがあるため、そのカラーはあなただけのものになります。
また、パーソナルカラーは赤が似合います、白は似合いません、とするのではなく、赤ならばはっきりとした赤を、白は少しクリーム色に、など細かくカラーを分けていきます。

パーソナルカラーを知っておくメリット

パーソナルカラーを、なぜ知っておく必要があるのでしょうか。
よく見た目が大事、第一印象が大事と言われていますが、パーソナルカラーを知っておくことで、あなたを最大限よく見せる色がわかります。そうすれば、洋服選びに失敗がなくなったり、相手に良い印象を持たれやすくなり、恋愛にも仕事にも、良い影響を与えられるようになるでしょう。

簡単パーソナルカラー診断

簡単な、あなたのパーソナルカラーを見つけてみましょう。もちろん、これはとても簡単なものになるので、本当のパーソナルカラーを知るとなると、もっと多くの質問や、プロの目で確認してもらう必要があります。しっかりと知りたい方は、プロにお願いするようにしてください。
今回のパーソナルカラー診断は、自己診断か、もしくは家族、恋人、友人などに意見を聞きながら試してみましょう。

・肌の色
A:オークル系で白い方だ
B:オークル系で黒い方だ
C:ピンク系で透明感がある
D:ピンク系で健康的だ

・髪の色
A:明るいブラウン
B:こげ茶で柔らかさがある
C:赤みがかったブラウンで柔らかさがある
D:黒で固め

・瞳の色
A:明るいブラウン
B:暗いブラウン
C:グレイっぽい
D:黒

【診断結果】
A~Dの中で、一番当てはまるものが多いものが、あなたのパーソナルカラーです。

・Aが多い場合
全体的に明るい印象を持たれやすい方です。イエローベースの元気な色を選ぶようにしましょう。服装も、カジュアルなカワイイ印象のものが合いやすいです。
クマなどが出来ると目立ちやすいため、ファンデーションなどもそれをカバーできるものを選ぶ用にしましょう。

・Bが多い場合
全体的に落ち着いた印象を持たれやすい方です。少し落ち着いたイエローベースが合いやすいので、ブラウン系やベージュ系を取り入れてみましょう。大人っぽい服装が合いやすくなります。
ブルー系の色でメイクをすると、不健康に見えやすいので注意しましょう。

・Cが多い場合
全体的に優しい印象を持たれやすい方です。柔らかめのブルーベースを持ってくると良いでしょう。フェミニンな恰好や少し豪華に見えるような恰好が似合いやすいです。
メイクでイエロー系を使ってしまうと、くすみなどが目立つので気を付けましょう。

・Dが多い場合
全体的にクールな印象を持たれやすい方です。原色系のブルーベースのものを選んでみましょう。華やかになるような恰好が似合うので、型にはまり過ぎずに試してみましょう。
原色系が似合う人ですが、イエロー系が強いとくすみが目立ってしまうので気を付けてください。

まとめ

最後に、簡単なパーソナルカラーを診断しましたが、もっと詳しく見ていくと季節ごとに合う洋服のカラーや、アイシャドー、ファンデーション、口紅の選び方などに分けることができます。
パーソナルカラーとは、自分への自信も持ちやすくなり、人生をさらに輝かせてくれるものなのです。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. Color
  2. 女性
  3. Color
  4. 水玉
  5. Color