自分で出来るカラーセラピーの基本!誕生日カラーの意味や特徴を大公開!

カラーセラピーなどの癒し系カウンセリングでは、誕生日というキーワードは重要な手がかりとなります。

その人の生まれた日の誕生日カラーから、カラーセラピーを進めていくというプランもあるくらいです。

そこで今回はカラーセラピーにおける誕生日カラーの特徴や色の意味についてご紹介します。

カラーセラピーで重要な誕生日カラーって何?

誕生日カラーとは、カラーセラピーをするため必要な情報のひとつとして与えられるもので、個々で誕生日ごとに色が違います。

ちなみに私は「インディゴブルー」でした!

カラーセラピーで誕生日カラーを知ることにより、自身で選んだ色と調和しているかどうかなど様々なことがわかってきます。

これで心身ともに安定しているかどうかもわかってしまうかもしれない、重要な情報源なのです。

カラーセラピーにおけるそれぞれの誕生日カラーの特徴や意味

それではカラーセラピーでの誕生日カラーを7種類、意味や特徴を見ていきましょう。

・レッド

情熱の赤というように、行動に関する積極性はピカイチです。

しかし、度が過ぎてしまうと空気の読めない人だというレッテルを貼られてしまう恐れもあります。

周りの人への影響力も高いので、あまり羽目を外してしまうと周りも巻き込んで悪い方向へ行ってしまうこともあります。

カラー落ち込んだ人を元気にする力が強いので、ぜひプラスにその力を活かしてくださいね。

・オレンジ

自由奔放で、損得感情で行動する一面があるようです。

誰かの指図を聞くのが嫌なので、あまり組織に所属するのは向いていません。

利己主義的ながら考え方は独創的で、他にはないアイデアを生み出すことも。

人とは違った面から、斜めに物事を見るタイプだと言えるでしょう。

・イエロー

黄色は太陽の色、ということでとにかくエネルギーに満ち溢れています。

それを周囲の人にも分けてあげることができるので、いつの間にか周りに人が集まっていることが少なくありません。

しかしその立場で自分を高く評価しておごってしまうと、いずれしっぺ返しを食らってしまいます。

適度な緊張感を持って、日々の生活を送るのがポイントです。

・グリーン

木々の色ということで、ナチュラルにバランスの良い能力を持った万能タイプです。

人と助け合うことで成果がもっと有益なものになるということをわかっているので、人と関わろうとします。

森林浴のように、誕生日カラーがグリーンの人といると癒されることが多いです。

・ブルー

冷静で謙虚、とにかくおとなしいイメージの強いブルー。

なかなか他人を受け入れないタイプなので、親しくなるまで時間がかかります。

実は、青はカラーセラピーにおいて同じ誕生日カラーの人よりも正反対の色の赤と相性が良い傾向にあります。

デコボココンビ的な位置付けになりますが、お互いに良い影響を与えてくれる存在になります。

・インディゴブルー

自信家のインディゴブルーは、誰かと協力して何かを成し遂げるより全部自分でやったほうがうまくいくと思っています。

また自信家と同時に努力家でもあるので、その点憎めないのが良いところです。

実は急なアクシデントに弱くて、適応力が低い印象があります。

融通が利かずに頑固、こんな面を、カラーセラピーでは診断していきます。

・バイオレット

カリスマ性があり、人から一歩抜きん出ている存在だと認識されます。

これで謙虚に行けば、とても良い人間関係を築くことができるのですが、天狗になってしまうと要注意です。

理想主義者なので少し現実味がないところが欠点ですが、着実に進んでいきましょう。

まとめ

カラーセラピーにおける誕生日の重要性と、誕生日カラーの意味や特徴をご紹介してきました。
自分の誕生日カラーを、ぜひカラーセラピーで調べてもらってそこから本来の自分を見つめ直すのも良いですね。

関連記事

  1. 買い物
  2. 靴
  3. 水玉
  4. パレット