簡単にカラーセラピーの効果を楽しむ方法

カラーセラピーの効果を日常生活で楽しむ

カラーセラピーを簡単に楽しむ方法は、インターネットのホームページの無料のカラーセラピー診断を利用することだけではありません。
カラーセラピーの知識や技術を応用して日常生活に取り入れることでも、カラーセラピーの効果を簡単に楽しむことができます。
そうしたカラーセラピーの効果を応用した方法についてご紹介します。

スマートフォンや携帯電話の待ち受け画面に用いる

スマートフォンや携帯電話の待ち受け画面にカラーセラピーの色を使用することで、簡単に日常にカラーセラピーの効果を取り入れることができます。
人の脳は情報の8割以上を視覚から得ると言われるように、視覚から得る情報は人の脳や心に大きな影響を与えます。
また、普段意識することはなくとも、毎日繰り返し目にするものは、人の無意識や潜在意識にも働きかける作用があります。
スマートフォンや携帯電話の画面は、人が意識することなく毎日目にするものです。
そこにカラーセラピーの色彩を利用することで、その色が持つ性質や効果を自分の生活に取り入れていくことができます。
これは自分の性格の良くない点を改善したい場合などにも有効です。
例えば、ついカッとなって熱くなりやすい性格を改善したいと思っている場合は、抑制やリラックスの効果がある緑や、冷静や静けさを司る青を待ち受けに取り入れます。
逆にもっと積極的に物事に取り組めればと思っている場合は、情熱や強い意志を象徴する赤や、喜びや度胸を示す橙を待ち受け画面に取り入れます。

部屋やインテリアに取り入れる

自分の家の各部屋にカラーセラピーの理論に基づいた色彩を取り入れることで、各部屋の目的に沿った効果を得ることができます。
リラックスしたい場合はピンクを用いると有効です。寝室や休息用の部屋において、カーテンなどに用いるとよいでしょう。また、ピンクは美容や健康を司る効能もあるので、化粧品の棚や箱に用いるのも有効です。
仕事部屋や作業部屋では、冷静さや明晰さを司る青を意図的に用いると有効です。創造性や想像力が重要な仕事の場合は、それらを高めてくれる紫を用いると良いです。
また、紫は安眠効果を有する色でもあります。なかなか寝付けない場合は、寝室のベッドのカバーや枕の色に紫を取り入れることで、安眠効果を得ることができます。

食べ物にこだわる

食べ物の色にも着目することができます。人が生きていくためには定期的な食事を摂ることが欠かせないため、食事はカラーセラピーの効果を楽しむ良い機会になります。
自分が取り入れたい色の食材を積極的に取り入れたり、食事に用いる食器やテーブルクロスなどにも色を用いることができます。
料理をする場合は、取り入れたい色を調味料として用いたり、調理用の鍋やフライパンなどの器具の色彩にもこだわることができます。

まとめ

簡単にカラーセラピーの効果を楽しむ方法についてご紹介しました。カラーセラピーの効果は、日常生活の中の様々な場面で取り入れることができます。
待ち受け画面に用いたり、部屋のインテリアの色を工夫したり、食事の食材や食器などの色を意識するなど、様々な場面でカラーセラピーを活用することができます。

関連記事

  1. coler
  2. 色鉛筆
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. coler