空の色彩科学と2月10日生まれ、2月11日生まれのオーラの色診断

晴天の青空や真っ赤な夕焼け空。当たり前の景色だけど、なぜ空には色があるのでしょう?

<青空の色彩科学>

空が青く見えるのは、太陽の光が空気を通りぬけるときに、ちりや微小な水滴によって散乱の影響を受けているからです。

散乱とは、光が大気中のちりや水滴などの細かい粒子に当たってあらゆる方向に散らばってしまうことです。

そしてここがポイント!短波長(青い光)の方が散乱されやすく、長波長(赤い光)は散乱されにくいという性質があり、青い光よりも赤い光の方が遠くまで進んでいくことができます。

つまり、空いっぱいに青い光が散らばって空が青く見えていたのです。

「太陽の光って白だから青い光なんて存在しないんじゃない?」という意見もあるかもしれませんが、スペクトルを思い出してください!太陽光には赤→橙→黄→緑→青→藍→青紫の順でさまざまな色が入っていましたよね。なのでいろいろな色に分けることもできます。

<夕焼け空の色彩科学>

夕焼け空の場合のポイントは先ほどの散乱の特徴と太陽の位置です!

夕方になると太陽は傾き、太陽光は空を斜めに横切ることになるので、昼間よりも長い距離を進まなければなりません。(上図を参考にすると矢印の長さ、要するに距離が昼の時と比べて長いことがわかります。)すると、先ほど説明した散乱の特徴の通り、短波長の青い光は早い段階で散乱し、私たちの眼にまで届きません。代わりに散乱の影響を受けにくい長波長の赤い光は空気の中を進み、私たちの見える距離で散乱します。この仕組みによって空が赤く見えるのです。

空の色の仕組みについて学びましたが、どうでしたか?これまでで学んだ長波長や短波長、スペクトルなどの単語が出てきました。しっかりと色について勉強していたからこそ少し難しいかな?と思われる内容も理解することができました。色彩と科学は全く分野が違うようで密接に関わっています。

当たり前すぎて考えたこともなかったことを解明するって面白いですね。それに誰かに教えてあげたくなりませんか?

このような豆知識から色彩にもっと興味をもってもらえると嬉しいです。


 

火星の夕日は青!?

NASAの火星無人探査車「キュリオシティー」が5月に1枚の写真を公開しました。

それは青い夕焼けでした。火星では地球と違って、昼間は赤い空、夕方は青い空であることがわかりました。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

それは地球との大気の違いにありました。火星の大気は地球と比べてとても薄く、その大気のちりの1%を構成している粒子(酸化鉄や磁鉄鉱)のサイズが大きく、酸素や窒素の分子が小さいという特徴があります。すると大気の中で短波長の青い光は散乱するための小さな粒が少なく、散乱しにくくなり、遠くまで進みます。逆に長波長の赤い光は大気中のちりの大きさによって散乱されやすくなります。

つまり、地球における散乱の特徴が火星では真逆になるということです。

 

2月10日生まれの人の主な性格

2月10日生まれの人は、大雑把な面と、ちょっとしたことで傷ついてしまうような繊細な面を持っています。直感的な面や自分の思い描いたものなどをけなされた時にはとても傷ついてしまいます。そうは言っても、人を惹きつけるようなとても魅力的な人なので、いつでも周りにはファンや仲間がいるでしょう。センスが良く、何かに迷ったときには自分の勘を信じれば良い方に行きやすく、それは周りも認識しています。
その直観力や才能から、気が付けば周りを引っ張る存在になっていることも多いでしょう。自分では何も言っていなくても、周りが推薦してリーダーになったことも少なくないのではないでしょうか。それは、2月10日生まれの人の能力にプラスして、目立つ存在ということも挙げられます。

2月10日生まれの人のオーラ

2月10日生まれの人は、オレンジのオーラを持った人です。自由で自分の考えに素直に鼓動する姿は、周りから羨ましがられるでしょう。ただし、一方では嫉妬される場合もあります。それでも、あまりそういったことには興味がないので気づかないことがほとんどです。
ただし、自信のあった企画や作品の悪口を言われたり、否定的なことを言われると急に落ち込んでしまうようなナイーブな面も持ち合わせています。色々とグループのリーダーを任せられることも多いと思いますが、各グループは混ぜずに分けておいた方が良いかもしれません。

・このカラーの人のすべきこと
オレンジのオーラを持った人は、行き詰っている人たちを救い出すエネルギーのある人です。2月10日生まれの人の魅力で引き寄せられてくる人もいるので、その人たちを自由な切り口で悩みを解決する道筋を作ってあげましょう。
周りがだめだと思っているものも、オレンジのオーラを持った人なら解決できることが必ずあります。

・カラーエネルギーの高め方
自由を好むオレンジのオーラを持った人は、思いなどをしっかり周りと共有していない時があります。落ち込んだり、考え方が凝り固まったときには色々な人と話をしてみてください。そうすることで、また新しい考え方を吸収し、エネルギーが回復するでしょう。
他にも、煮詰まったときには全く別の新しいことにチャレンジするのもおすすめです。

2月10日生まれの人の男性の運勢

金運には困らない運勢にあります。実家の経済状態もかなり豊かな場合が多くなります。しかし、それと比例して家族との時間が少ない可能性があります。
そこで、物欲など何かしら人一倍強いものが出来る可能性があります。しかし、全体的にも安定した運勢なので、そのことを知る人は少ないでしょう。

2月10日生まれの人の女性の運勢

基本的には安定した運勢を持っています。
恋愛運も安定していますが、なぜか好きな人とは上手くいかないなど恋愛で苦労することもあります。しかし、それも若いうちだけなので安心して下さい。

2月10日生まれの人のまとめ

抜群のセンスを持っているので、それに対して否定的なことを言われても、落ち込まずにやり続けることが大切です。
悲しくなった時には、それを受け止めてくれるパートナーがいるとさらに良いでしょう。

2月11日生まれの人の主な性格

2月11日生まれの人は、コミュニケーション能力が高く、物事を客観的に見ることが得意です。相手の気持ちになって今現在何を相手が求めているのかなどをすぐに読み解きるため、自然と仲間も増えるでしょう。大きなトラブルも、起きる前に気が付くため特に心配はありません。
ただし、その性格なのでモテるため、恋愛面に力を入れて勉強や仕事をおろそかにしてしまう場合もありますが、それは後に大きな痛手となってしまうので、恋愛もほどほどに、若いうちはやりたいことの土台作りもしっかりと行いましょう。
人脈と、頑張ってきた土台によって、30代以降に夢が大きく花開くでしょう。ただし、今度は仕事に夢中になるあまり、恋愛面がおろそかになってしまう可能性があります。パートナーとの時間も考えて置くようにしましょう。

2月11日生まれの人のオーラ

2月11日生まれの人は、レッドのオーラを持った人です。レッドのオーラは周りへの影響力も強く、周りが怖がるもの、無理だと思うものにも果敢に立ち向かっていける勇気があります。レッドのオーラの弱点として、細かいところまで目を向けられずに空気を読めなくなる点が挙げられますが、2月11日生まれの人の性格上、周りへの気配りがきちんとできるので問題はないでしょう。
ただし、レッドのオーラを持った人のエネルギーが強いので、落ち込んでいると周りも一緒に落ち込んでしまうので注意して下さい。

・このカラーの人のすべきこと
レッドのオーラを持った人は、何事にも挑戦する勇気が人一倍強い人です。そのため、周りが出来ないと怖気づいているのなら、自ら進んで挑戦してみましょう。多少の自己犠牲も必要になる可能性がありますが、そこからの成果は未来を良くする大きな成果かもしれません。
ただし、自己犠牲が大きすぎないようには計算して行って下さい。

・カラーエネルギーの高め方
夢や目標が無いと途端に脱線してしまうタイプです。脱線してしまうと、恋愛にどっぷりはまってしまったり、ただ遊んで暮らしてしまったりして、どんどんエネルギーが下がっていってしまうので、苦しくとも少し多めに目標を立てておくと良いでしょう。
目標があれば、それをこなすために行動するので、結果的にエネルギーも高まり、夢も実現しやすくなるのです。

2月11日生まれの人の男性の運勢

小さいころから英才教育を受けたように満たされた時代を送れるでしょう。そのため、基礎がしっかりとしているため何事もスムーズにいきやすくなります。
恋愛も勉強も、様々な失敗をしますが、失敗をするごとにパワーアップしていくので、試行錯誤していけば更なる成長が期待できます。

2月11日生まれの人の女性の運勢

何かの運気が良いときは何かが悪くなり、何かが悪いときは何かが良くなるような運勢です。
そのため、良い流れに乗っているものにはチャンスがあると思って、悪いことが起きても落ち込みすぎないようにしましょう。

2月11日生まれの人のまとめ

集中力があるため、1つの事に熱中しがちですが、仲間やパートナーとの時間も大切にしましょう。
知らないところで支えてくれている感謝の気持ちも忘れてはいけません。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. Color
  2. Color
  3. 透明
  4. 虹