生活に役立つ!カラーセラピーでわかるファッション性

ファッションが身近で効果的

カラーセラピーで導かれた、ヒーリングカラーやパーソナルカラーは、インテリアなどいろいろな所に活用できます。しかし、何といってもファッションに取り入れるのが、一番身近で、効果が感じられるものではないでしょうか。何色を好むかで、どんなファッション・コーディネートが相性が良いかがわかります。それでは、カラーセラピーでわかるファッション性を診断していきます。

赤を好む場合

情熱的な性格で、何事もエネルギッシュに取り組むとされます。どこに行っても人の輪の中心にいることが多いようです。流行に敏感なので、最新のファッションに赤を取り入れるのが効果的とされます。カラーセラピー的には、赤系のボトムに対して、青、ピンク、緑系の配色がベストコーディネートとなります。トップスとボトムスの入れ替えも考えられます。

ピンクを好む場合

人を愛したい、人から愛されたい、甘えたいという願望が強く持っているとされます。世話好きで、誰にも隔てなく愛情を与えることに優れています。アクセントとしてのピンクを使うのも効果的です。カラーセラピー的には、ピンク系のボトムに対して、赤、黄色、紫、緑、黒の配色がベストコーディネートとなります。トップスとボトムスの入れ替えも考えられます。

オレンジを好む場合

天真爛漫で明るい性格で、華やかさが感じられるとされます。人とすぐに打ち解けるフレンドリーさがあります。対人関係は基本的にスムーズとなります。一人でいると不安を感じやすく、人から嫌われたくない面が強いようです。カラーセラピー的には、オレンジ系のボトムに対して、白、緑、黒の配色がベストコーディネートとなります。トップスとボトムスの入れ替えも考えられます。

黄色を好む場合

明るく無邪気な性格で、何事にも素直さがあるとされます。旺盛な好奇心を持ち、いろいろな分野に興味があります。人の気持ちを読み取ることに優れ、自己中心的になりがちとされます。子供っぽさを強調しても効果的です。カラーセラピー的には、黄色系のボトムに対して、緑、紫、ピンクの配色がベストコーディネートとなります。トップスとボトムスの入れ替えも考えられます。

緑を好む場合

大らかな性格で人に優しく、協調性があるとされます。物事のバランス感覚に長けているようです。努力を惜しまず、感情的な部分を抑える傾向にあります。人前で目立つことは好まないので、派手なファッションは苦手なはずです。カラーセラピー的には、緑系のボトムに対して、赤、黄色、オレンジの配色がベストコーディネートとなります。トップスとボトムスの入れ替えも考えられます。

青を好む場合

どことなく品があり、落ち着いた性格とされます。何があっても動じず、冷静沈着でいられるようです。本質を見極めることに優れ、物事は慎重に進めます。所作や言動に優雅さが漂うとされます。スピリチュアルな面にも優れています。流行りのものには飛びつかないはずです。カラーセラピー的には、青系のボトムに対して、緑、紫、白の配色がベストコーディネートとなります。トップスとボトムスの入れ替えも考えられます。

黒を好む場合

強い信念としっかりとした自分を持っているとされます。自分に対して厳しい面があり、ありのままの自分や弱さを隠す傾向にあります。人からどう見られているかを気にするとされます。感情は表面に出さないものの、内に情熱を秘めているようです。カラーセラピー的には、黒系のボトムに対して、ピンク、オレンジ、青の配色がベストコーディネートとなります。トップスとボトムスの入れ替えも考えられます。

まとめ・新しい魅力が開花する

色遣いにあふれているファッションに、カラーセラピーのメッセージを取り入れることで、効果が身近に感じられることがわかります。色による相性の多くは性格に由来することが多く、無理することなく、自然体で接することができます。色のコーディネートの組み合わせには、幅があるので、自由度は高いと言えます。いつもと違った観点からカラーコーディネートすると、新しい魅力が引き出せるかもしれません。色によるファッションの相性を考え合わせて、おしゃれを楽しみたいものです。

関連記事

  1. ピンク
  2. coler
  3. 透明
  4. マカロン
  5. coler
  6. 色鉛筆