運命数1と2の人の性格とラッキーカラー

運命数1の人の主な性格

運命数が1の人は、強い意志を持ち責任感も強いとされます。1には、物事の始まり、トップ、自尊心、創造、男性的といった意味合いがあります。自分に自信があるので、誰に対しても臆することなく考えを言うとされます。自分の考えが正しいと信じている分、頑固な面があり、人からの指図を好みません。敵対する相手を作りやすいことが考えられます。正義感が強いので、物事の解決手段に陰湿な方法は使わないとされます。いろいろな分野の創始者になったり、統率者やリーダーになる器量を持つとされます。人をまとめる能力に優れ、頼りにされる存在になります。常に堂々とした態度で威厳が漂い、言葉には説得力があるようです。自信過剰で短気な面があり、利己的な態度を取りやすく、人に受け入れてもらえないこともあります。恋愛では、男性は陽気で美貌を持つ異性を好み、女性は才能が豊かで地位があり、情熱的な異性を好むとされます。

運命数1の人のラッキーカラー

ラッキーカラーは赤となります。赤は、神経や血流を刺激して、実行力や決断力を高める色として知られています。物事の始まりに影響力があるので、新たなチャレンジに対して、効力を及ぼすようです。運命数が1の人が赤を身に着けることで、より情熱的になったり、正義感が強くなるとされます。物事を正すという意味合いは、出版などで文字校正に赤字を使うことにもつながっているようです。人をまとめたり統率する力や、惹きつける魅力も増すとされます。また、赤が男性的な意味合いを行き過ぎないように適度に和らげることもあります。

運命数1の人の運勢

浮き沈みが激しく、波乱万丈といった運勢になるとされます。運勢が好調な時は、何をやっても上手く行き、稀に見る成功がつかめます。しかし、何かのきっかけで運勢が下がり始めるとどん底まで落ちてしまうとされます。幸運と不運の差が大きく、宝くじで高額当選した後、破産してしまうようなことが考えられます。運命数1の人は、逆境に強いとされ、どん底から這い上がるバイタリティーを持ちます。強運もあり、ピンチをチャンスに変えることができるとされます。わがままな面があり、人の意見を聞かずに判断してしまうので、人心が離れる傾向にあります。自信過剰にならず、自分を冷静に見つめることも大切かもしれません。恋愛では、リーダーシップが取れ、周囲から注目される異性を好むとされます。優柔不断であったり、尊敬できない相手は受け入れられないばすです。

運命数1の人のまとめ

1という数字には、物事のスタート、頂点、創造、男性といった意味が込められています。運命数1の人は、強い責任感と意志を持ち、自分に自信あることがわかります。誰に対しても自分の意見を臆することなく言うことができ、その分、頑固さがあるようです。人の指図を好まず、敵対する相手を作りやすいとされます。正義感が強く、どんな場合でも卑怯な手は使わず、常に堂々としているとされます。リーダーとして周りを統率することに優れ、若干強引な面もあるようです。恋愛では互いに高め合える相手を好みます。ラッキーカラーの赤は、実行力などを高める色とされています。運命数1の人の物事の始まりに大使て影響力を持ちます。全般的に見ると、失敗が数多く、そこから学び取り這い上がり大成功するといった流れになります。最高も最低も経験できるはずです。

運命数2の人の主な性格

運命数が2の人は、豊かな感受性を持ち、人に対する思いやりにあふれているとされます。2には、物事の分かち合い、調和やバランス、繊細さ、女性的といった意味合いがあります。想像力が豊かで、物思いにふけりやすく、芸術的なセンスにも優れているようです。どちらかというと、思考派で実行力に乏しい面があります。基本的に人や動物に優しく協調性があり、周囲と良好な人間関係が築けます。しかし、人に合わせ過ぎるあまり、優柔不断と思われることが考えられます。周囲に振り回されて悩むことが多いとも言えます。直感や霊感が鋭いので、スピリチュアルな分野で才能が発揮できるとされます。マイペースで静かな環境を好み、ノルマや競争を要求される分野には向いていません。争いが苦手で、勝敗で成功をつかむより、人との調和から幸せを手にするとされます。恋愛では、男性は清潔感があり、優しく家庭的な異性を好み、女性は、優しさと包容力があり、柔和な異性を好むとされます。

運命数2の人のラッキーカラー

ラッキーカラーはオレンジとなります。オレンジは、陽気で開放的な面と気持ちが沈んだ面を象徴する色として知られています。物事の分かち合いに影響力があり、両極端な感情のバランスを保つ力があるようです。運命数が2の人がオレンジを身に着けることで、想像性が増したり、より良い人間関係が築けるとされます。エネルギーの源という意味合いがあり、身体の活性化にもつながっているようです。観念的で直感が要求される芸術のセンスも高めるとされます。また、オレンジが女性的な部分が行き過ぎないように適度に和らげることもあります。

運命数2の人の運勢

困った時に何らかの助力が得られるという運勢になるとされます。普段の人に対する感謝の気持ちや気配りが周囲の人の心を動かすようです。しかしあまり人に頼ってばかりでは、得るものは少なくなってしまいます。わがままでマイペースな部分を抑えると良い運気が呼び込みやすくなります。人の事を優先してしまうので、自分のことを大切にすることも必要とされます。仕事面では、協調性と女性的な面を活かした介護職や先生、子供に携わる分野で力が発揮できるとされます。人を精神的に手助けするカウンセラーにも向いています。人やモノのバランスを保つことに優れているので、中間管理職のような立場が適しています。上と下のそれぞれの立場の話をきちんと受け入れることができ、上手に物事が進められるはずです。恋愛では、癒し系でゆったりした包容力のある相手を好みます。相手に尽くし、長く付き合って結婚に至るとされます。ただ嫉妬深い面もあるようです。

運命数2の人のまとめ

2という数字には、物事の分かち合い、調和、繊細さ、女性といった意味が込められています。運命数2の人は、思いやりにあふれ、感受性が豊かなことがわかります。考えが深く、すぐに行動には移さず、想像力が豊かなようです。自分なりの世界観を持ち、芸術的なセンスにも長けています。何事もマイペースなので、人と争って成功などをつかみ取ることは苦手なようです。恋愛では優しく包容力がある相手を好みます。嫉妬深い点を弱めるとより充実した恋愛になるはずです。ラッキーカラーのオレンジは、様々なバランスを整える色とされています。運命数2の人の物事の分かち合いに影響力を持ちます。運勢的に見ると、普段の人に対する思いやりが、困った時にありがたい見返りとなり、助力が得られるとされます。人を支えて自分も人に支えられる経験できるはずです。

関連記事

  1. スケッチブック
  2. 虹
  3. Color
  4. 靴