光(トーチ)を使うライトセラピーとは

カラーセラピーとは

古代より行なわれてきた、色を使った治療法です。古代では、部屋全体を特定の色で満たし、その色の効果が期待できる病を患った人を色の部屋で過ごさせ、自然治癒力を高め治療していました。古代に人達が色による効果と、その効果で治療を行なってきた事に驚きですが、長年の時を超えて様々なカラーセラピーが生まれ、またさらに新たな色による効果が期待できるシステムが開発されています。

ライトセラピーとは

古代で行われてきた光による療法を、現代でも使うシステムです。ライトセラピーは、光(トーチ)と天然石を組み合わせた日本初のシステムです。光をピンポイントに当てる事でヒーリング効果を高めます。ライトセラピーは、カラーセラピーなどを行なう時の補助的アイテムで、ライトセラピーというセッションはありません。セッションにプラスして行なうツールです。エステ、アロマセラピー、占い、カラーセラピーなどの業務にプラスされています。個人向けには、養成講座があり受ける事が出来ますが、光(トーチ)を使うには、カラーセラピーなどの専門的知識が必要です。

ジュエリーセラピー

セット内容:トーチ(ペンライトのようなもの)、カラーフィルム、ジュエリートップ

ジュエリートップは、ガーネット・オレンジムーンストーン・シトリン・グリーンアゲート・ブルートパーズ・アメジストです。

カラーフィルムは、レッド・オレンジ・イエロー・グリーン・ブルー・インディゴ・パープルです。

  • 使い方

トーチにカラーフィルムを付けて、直接光を体に当てます。広範囲に当ります。その必要なカラーフィルムを使います。ジュエリートップを付けると、ピンポイントに光を当てられます。

ルネッセントクロモセラピー

オーストラリア発のヒーリング方法「色光療法」は、直接、光と色を体に当てる療法の事です。ペンライトくらいのトーチを使います。トーチの先にはクリスタルが付いており、クリスタルを通して光が体に当ります。7色のカラーフィルムが付いているので、トーチにカラーを付ける事で色の効果が期待できます。チャクラに沿って色を当てる事も出来ます。カラーセラピーセッションにプラスして使います。

セット内容:トーチ(ペンライトのようなもので、先端にクリスタルが付いている)カラーフィルム(レッド・オレンジ・イエロー・グリーン・ブルー・インディゴ・パープル)

ルマライトクロモセラピー

カナダ発のカラートーチによるヒーリングツール。トーチにカラーフィルムをセットして、直接、光を体に当て心と体のバランスを図ります。特殊なカラーフィルムは、フェイシャルトリートメントに使えます。

セット内容:トーチ(ペンライトのようなもの)、カラーフィルム6色

チャクラを用いて使うと、分かりやすく、的確に光を当てられます。

まとめ

古代より光による治療が行なわれてきました。太陽の光を取り入れる時、色ガラスなどを通す事で様々な色を作りだしてきました。現在は、カラーボトルやカードを使うシステムに変わってきました。色を体に当てる方法のカラーセラピーは、古代から行なわれてきた色彩療法を、小さなトーチとカラーフィルムを使う事で再現しているのです。

関連記事

  1. 買い物
  2. coler
  3. coler
  4. カラフル
  5. 買い物