京都のカラーセラピーのサロンとスクールについて

京都のカラーセラピー

京都でセッションや講義を受けることができるサロンとスクールについてご紹介します。

T.A.A

大津市にサロンがあり、京都市中京区に会場があるカラースクールです。
ボトルを用いるTCカラーセラピスト講座や、色彩心理の基本とカウンセラーの基本を5時間で学ぶことができる、色彩心理カウンセラー養成講座などがあります。
色彩心理カウンセラー養成講座では、9色のフラワーが透明のキューブに入れられた、オリジナルの手作りのカラーアイテムを教材として用います。
そのほか、色とお香を使って自分と向き合うことで、自分の中に秘められた可能性を知って開花させる、和の色和の香という体験型のセミナーも開催されています。
自分はどこにいて、何を目指したいのかをキーワードとして、未来の自分を創るための個人セッションも実施しています。

アトリエ 【for me】

京都市中京区の完全予約制のサロン&スクールです。RYBカラーリーディングというカラーセラピーシステムについて学ぶことができます。
これは単に色彩の持つ意味を記憶していくのではなく、自然界に存在する色のもつ自然な性質に着目し、記憶ではなく理解によって色彩について把握していくというものです。
20種類以上の様々なカラーセラピーシステムのメソッドについて学んできた創始者の経験に基づいて工夫して作られたシステムになっています。
RYBカラーリーディングについて学ぶRYBパーソナルカラー講座や、アートセラピーに応用できるRYBカラーアートセラピー講座などが開催されています。
また、RYBのシステムを用いたセッションも申し込むことができます。

虹色の学校

京都市下京区にあるカラーセラピスト養成スクールです。京都生まれのカラーセラピーのシステムである、ポジティブカラーシステムについて学ぶことができます。
このスクールの特徴は、充実したサポート体制がうたわれていることです。分かりやすいオリジナルの解読術を用いた少人数制のシステムになっています。
少しずつ思いを伝えていくことの表現として、テキストが一冊一冊手作りになっているのが大きな特徴です。
また、カラーセラピーで使用するカウンセリングツールは自由となっており、好きなアイテムや得意なものを伝って自由に表現できるようになっています。
カリキュラム終了後は、無期限のアフターサポートがついています。講義で聞き逃したことがあっても再受講は無料になっています。
また、フォローサポートの勉強会に何度でも参加することができ、知識と技術を深めていくことができます。

まとめ

京都でセッションや講義を受けることができるサロンとスクールについてご紹介しました。
京都のカラーセラピーのサロンとスクールの特徴は、それぞれの独自のセラピーシステムが確立していることです。
色とお香を用いて、和のテイストの中で自分と向き合い、掘り下げていくことができる体験型のセミナーがあります。
多くのカラーセラピーのメソッドについて学んできた経験を活かして、単に記憶するのではなく、自然と理解できるように工夫されたカラーセラピーのメソッドがあります。
充実したサポート体制と自由なカウンセリングツールの使用で学ぶことができる、京都生まれのカラーセラピーのカリキュラムがあります。
こうした独自性のある講座を学ぶことができるのが魅力です。

ブティック ダール

ダールはフラワーデザインとカラーセラピーのサロンです。フラワーデザインでは、様々なシーンでの贈り物に最適なフラワーアレンジメントを提供。お客様の希望に沿って作って頂けます。ダールで受けられるカラーセラピーは次のものです。

  • オーラライトカラーセラピー  (80本のカラーボトルから4本選びます)
  • バースデーカラー       (誕生日の色を使って診断します)
  • ネームカラー         (名前からカラーボトルを選んで診断します)
  • 万華鏡カラーセラピー

*万華鏡カラーセラピーは、万華鏡の模様と色の心理的作用を合わせたものです。万華鏡が作る、同じものがないといわれる模様を見る事の癒し、万華鏡が作る色のメッセージを見ます。カラーボトルを選ぶのではなく、自分で作っていく事の喜びによるヒーリング効果の新しいセラピーシステムです。

  • フルセッション       (いくつかのカラーセラピーを組み合わせたもの)

東洋医学療整院

本来は骨格矯正、足裏健康法の医院ですが、カラーセラピーも行なう癒し空間です。カラーセラピーはレディースデー限定のメニューなので、普段は行なっていません。

  • キュービックカラーセラピー

*10色のキュービックを使うセッションですが、ここでは10色の色鉛筆を使って行ないます。自由に色を塗ってもらい、色から言葉で表せない心の問題や悩みを読み解きます。これを「臨床色彩療法」といいます。

  • センセーションカラーセラピー

*10色ののアロマオイル入りのカラーボトルを使います。6本を選び並べ、左から過去、右は未来を表しており順に見ていきます。選ばれなかった4色は「ミッシングカラー」として選ばなかった理由を見ていきます。処方せん効果のあるヒーリングカラーが選ばれ、ヒーリングカラーの力で物事を解決へと進めてくれます。

aiverse

気なる色を選ぶ事は、自分自身を知る事。自分自身を知る手伝いをして、癒し、自然治癒力を高められるように寄り添ってくれます。カラーセラピーセッションの流れは次の通りです。

  1. セッション前にカウンセリングを行います。カラーセラピーについてお話し、現在の状況や目的などをじっくりお話ししながらお互いの信頼関係を作ります。
  2. カラーを使ってセッションを始めます。気になる色を選び、次にヒ-リングカラー(癒す色)とサポートカラー(助けてくれる色)を見つけます。それぞれの色をお話をして、自分自身と向き合い、踏み出す道筋を見つけます。
  3. セッション後のカウンセリングをして終わりです。

色を使ったカラーセラピーに他に、ヒプノセラピー(催眠療法)があります。心理カウンセリングの1つで、深い催眠状態(催眠に近いが意識はある状態)を作る事で潜在意識(気付いていない本当の自分に事)へ働きかけ、気付きと癒しを与えます。

MORE美

自分でも気付いていない魅力を見つけるのを得意とし、心の声を聞き、自己分析する手伝いをします。MORE美のカラーカウンセラーの流れは次の通りです。

  1. 12本のカラーボトルを自分なりに並び変える。
  2. カラーボトルを順番に分析する。心理状態を見る。
  3. 現在、自分に必要な色を見つける。
  4. 生年月日より、生まれ持った個性や運気を分析する。

MORE美では、3カ月に1回のペースでのカウンセリングをお勧めしています。

カラーカウンセリングの他に、心理学、運気、パワーストーンなど様々なカウンセリングがあります。

まとめ

京都峰山のカラーセラピーサロンをまとめてみました。カラーセラピーだけでなく、フラワーアレンジメントなど他の事も行なっているサロンが多くありました。心と体の癒しが出来るのは嬉しいですね。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. カラー
  2. Color
  3. Color
  4. Color