カラーセラピーwikiについて

カラーセラピーwikiとは

カラーセラピーwikiは、カラーセラピーについての知識をまとめたホームページです。
インターネットにおけるフリー百科事典のように、誰でも自由に記事の追加や編集を行うことができるのが特徴です。
今回はカラーセラピーwikiについてご紹介します。

カラーボトルを使用したカラーセラピーについて

カラーセラピーwikiでは、カラーボトルを使用したカラーセラピーについて特に詳しく記載されています。
カラーボトルを用いてセッションを行うカラーセラピーは、主にボトルの色の層によって種類が分かれます。

単層ボトルについて

1つのボトルが1色だけで構成された単層ボトルを用いたカラーセラピーとして、センセーションカラー・ヒーリング・システムがあります。
1993年に、カナダのバンクーバーのカラーセラピストによって、創設されたものです。
これは10色のアロマオイルを用いたヒーリングシステムです。アロマオイルの中から好きな色や感じる色を選んで、3組の配色の組み合わせを作ります。
そして3組の配色を読み解いて、クライアントの現在の心理状態や性格などの分析をしていきます。
また、選び出されたアロマオイルを見ることで、今の自分が必要としている色を知ることもできます。

2層ボトルについて

1つのボトルが2色で構成された2層ボトルのシステムについては、主にオーラソーマとオーラライトについて紹介されています。

オーラソーマについて

オーラソーマは1983年にイギリスの薬剤師が創始した方法で、100種類以上のボトルを用いてカラーセラピーを実施するものです。
オーラソーマという言葉は、創始者が瞑想中に得たインスピレーションに由来するものです。
創始者の没後は、イギリスに本部を置く機関を中心として、オーラソーマの普及活動やセラピストの養成などが行われています。
この方法は人の心と身体を司るものとして、オーラとチャクラという2つの概念があり、この2つを癒したり活性化することで心身に良い影響を及ぼすと考えます。
セラピーを行う際は、ボトルの中から4本のボトルを選択します。選ぶ際は、左手の親指と人差し指でボトルのふたをつまむようにします。
選んだボトルの種類と選んだ順番によって、自分の心の状態を診断したり、悩んでいることの答えを得るための手掛かりとします。
2層に分かれたボトルの色は、上層部の色は表層的な顕在意識を、下層部の色は隠された潜在意識を表すとされます。

オーラライトについて

オーラライトはオーラソーマと同じくイギリス発祥のカラーセラピーシステムです。80本のカラーボトルを用いてセラピーとヒーリングを行います。
オーラライトはセラピストのレベルが3段階に分けられているのが特徴です。最初のレベルではセラピスト活動を行うことができ、最後のレベルでは講師として活動することができるようになります。

まとめ

カラーセラピーwikiについてご紹介しました。サイトでは、カラーボトルを用いた各カラーセラピーの流派について、その歴史や特徴などについて知ることができます。
また、誰でも自由に記事の追加や編集を行えるので、より多くのことについて情報を増やしていくこともできます。

関連記事

  1. 色鉛筆
  2. 色鉛筆
  3. 買い物
  4. スケッチブック
  5. カラーボトル
  6. coler