カラーセラピーロビンフットの効果

ロビンフットとは

ロビンフットとは、中世イングランドに伝わる伝説の人物。その存在を裏付けるものはなく、言い伝えなのか実在したのか分かっていません。そのロビンフットは、どのような人物だったのでしょう。

ロビンフットは、悪事を働くものから金品などを奪い、その金品を貧しい人々に分け与え貧困から救ったと言われ、バラッド(イギリスなどで伝わってきた事などの歌)に歌われています。

ロビンフットと色の関係

イギリスに伝わる人物と色はどのような関係があるのでしょう。ロビンフットと色の関係はオーラソーマにあります。

オーラソーマとはイギリスで生まれたカラーセラピーシステムの1つで、1本の中で上下2色になっているカラーボトルを使って行います。オーラは「光」ソーマは「身体、存在、エネルギー」の意味を持ち、上下になった色はそれぞれ表す意味が違います。100本以上もあるカラーボトルから4本を選び、選んだ人の本質や現在、過去、課題などを読み解いていきます。そのオーラソーマで使われるカラーボトルのB27のボトルにロビンフットと言う名前が付いています。

オーラソーマB27 ロビンフットの意味

100本以上あるオーラソーマのカラーボトルのB27のロビンフットはどんな意味があるのでしょう。セッションでロビンフットを選ぶ人には、人間関係に不安がある、異性関係に不安を持っている事が多いようです。また、その不安な人間関係を解消し、新しい人生を歩みたいと思っている事も表しています。例えば、離婚を考えていたり、恋人と別れようと思っていたりする人に、ロビンフットを選ぶ傾向があります。このような場合、別れて新しい人生を歩もうとしているためです。また2つの性、男らしさや女らしさなどに悩んでいたり、二重人格などの人がロビンフットを選ぶ事が多いようです。今の自分から変化したいと思いつつも、一歩踏み出せない気持ちを表しています。自分がどのような変化になっても恐れずに、素直に変化を受け入れる広い心を持てば、不安は解消され、ロビンフットのように周りに優しく、愛情を持つ事が出来ます。

ロビンフットの使い方

ロビンフット(オーラソーマカラーボトル)はどのように使うのでしょうか。オーラソーマは上下2色になっている中身を、シェイクして使います。

オーラソーマのカラーボトルの中身は、上部はエッセンシャルオイルとキャリアオイル、下部はハーバルウオーターで作られています。上が油、下が水なので混ざることなく綺麗に2層になっています。使われる油も水も安全なものなので、誰でも使う事が出来ます。オーラソーマのカラーボトルの使い方は、まずボトルをシェイクします。混ぜ合わせたものを体に塗ったり、持ち歩いたり、ミニボトルをネックレスとして身に漬ける事もできます。ロビンフットをお守り代わりに持てば、ロビンフットが人々を救い、今ある現状を変えたように、現状打破する勇気をもらえます。

まとめ

2つの意味を持つオーラソーマのカラーボトル。ロビンフットは上が赤、下が緑。情熱はあるものの、2つの性、男と女について悩みを持っています。この2つを混ぜ合わせる事で、どちらも自分自身であることを理解し、受け入れる事で気持ちが落ち着いていくのです。

関連記事

  1. マカロン
  2. coler
  3. coler
  4. カラフル
  5. coler