カラーセラピーミニボトルのまとめ

カラーミニボトルとは

カラーボトルは、カラーセラピーセッションを行なう時に使うもので、セッションを受けられる方が直感で選ぶものです。カラーボトルはセッションによって様々なタイプのものがあります。1色のものや1本で上下2色になっているものもあります。上下2色になっているものは主にオーラソーマで使われ、1本の中ですが上下それぞれに表す意味が異なります。上の色は「顕在意識」、下の色は「潜在意識」を表しており、上の顕在意識とは自分自身でしっかりと自覚し理解している事で、下の潜在意識とは自分自身で自覚していない心の奥深くにある思いや考えを表しています。人の心を100%とすると約90%が自覚していない潜在意識だと言われており、カラーボトルはその潜在意識を引き出していくカウンセリングに使うのもです。

セッションによってボトルの色、形、使う本数が違います。カラーボトルは通常高さ10cmほどあるのですが、出張やワークショップ、イベントなどに出掛ける時に持ち運びに便利なミニボトルがあります。高さ3~4cmほどの小さなカラーミニボトルは持ち運びしやすいと人気になっています。

カラーミニボトルって買えるの?

いくつも並んだカラーボトルって綺麗ですよね。ミニボトルやカラーボトルは買う事が出来ます。ただ、カラーセラピーサロンなどでは一般販売されていません。ミニボトルやカラーボトルは、色を使った様々な診断に使うもので、それは占いとは異なり色彩心理というカウンセリングに使うものです。一般の人が使えるものではないのです。カウンセリングができるセラピスト養成講座を受けた方が購入出来るようになっています。価格もセッションによって異なりますが数万円かかるものも。一部ネット通販で販売されていますが安くはありません。一部で一般の人でも買えるようですが、プロが使うものだと認識しましょう。

カラーミニボトルを作ってみる

セッションはできないけど、カラーミニボトルを部屋に飾りたい。でも、なかなか買えるものじゃない。それなら作ってみてはいかがでしょう。オーラソーマのような2色のカラーボトルは無理ですが、TCカラーセラピーのような1本1色のボトルなら自分で作る事が可能です。

色は3つの原色から作られます。赤、青、黄の3つ色がオリンピックの五輪の輪のように重なっている図を見た事があるかと思います。この3原色と精製水を使ってカラーボトルを作る事が出来ます。3原色とスポイトとミニボトルがセットになったものが販売されていますので、作ってみましょう。精制水はドラッグストアなどで購入できます。

作ったカラーミニボトルはインテリアなどでお使いください。また、チェーン付きのミニボトルも販売されていますので、好きな色のミニボトルネックレスも作る事が出来ます。友達などにインテリアとしてプレゼントするのもいいですね。好きな色のミニボトルアクセサリーも喜ばれると思います。

3原色キットなどは「BIGWAY」で検索してみて下さい。

カラーミニボトルの注意点

かわいくて綺麗なカラーミニボトル。カラーセラピー(色彩心理)のカウンセリングで使うものです。なかなか一般向けに販売されていませんが、作る事が出来ます。作ったとしても、誰かにカラーセラピーセッションは出来ません。ネットには色の意味がたくさん出ています。つい、「この色の意味は、こういう意味で・・」なんてやってしまいそうになります。カラーセラピーは色を使ったカウンセリングです。それは、人の心に触れるものです。そして、人の人生にも影響を与える事でもあります。知識のない人が診断する事は、誤った診断をしてしまう可能性もあり、とても危険な事です。自分でカラーボトルを持つ場合は、インテリアとして使いましょう。

まとめ

どんなに綺麗でかわいいミニボトルでも、カウンセリングで使うものだと理解したうえで、買ったり作ったりしましょう。友達にプレゼントするのもいいですが、インテリアとして、また友達の好きな色をプレゼントしましょう。色の効果の話はカウンセリングの領域です。色の効果ではなく、目で楽しむ事を目的としましょう。

 

関連記事

  1. 折り紙
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler