カラーセラピーを仕事にしたい、活かしたい!便利な資格取得講座について大特集!

カラーセラピーの施術者になりたい、カラーセラピーを仕事に活かせたらもっと視野が広がるのになぁ、と思い描いている人もいるのではないでしょうか。
実はカラーセラピーをおこなっているサロンでは、セラピストになるための資格取得講座を開講しているところがあるのです。
そこで今回はカラーセラピーを仕事にしている人や別の仕事に活かしている人のことや、セラピストの資格取得講座について詳しく説明していきます。

カラーセラピーはどんな仕事に活かすことができるの?

カラーセラピーの知識を身につけることで、もちろん本業であるカラーセラピーのセラピストになることもできます。
しかし他の仕事に関しても、カラーセラピーがとても役に立つことがあるのです。
では、どんな職業で役に立つのかをご紹介していきます。
・アパレル
アパレルの仕事では色とりどりの洋服を販売しますが、その時にお客さんが悩んでいたら色の知識を交えて説明することができます。
お客さんも気づかされることがあると、感心して服を買ってくれることがあるのです。
何色と何色が相性が良いのかも知識として身につくので、アパレルでは大活躍します。
・営業
お客さんとの対話が多い営業の仕事では、より幅広い知識が必要です。
その中からお客さんが好んで身につけているものの色から心理を読み取ったり、色の知識を交えて話しをすることで会話が厚みを増します。
お客さんも信頼度がアップして、ものを買ってくれる可能性が高くなります。

カラーセラピーを仕事にするには資格取得講座が便利!

カラーセラピーを仕事に活かしていったり、セラピストとして活動するにはカラーセラピーの資格を取得しなければなりません。
色彩心理学や色の意味などの知識を身につけて、実践を積んでいくのが一番ですね。
カラーセラピーの資格といったら、きちんと専門学校などで学ばないとダメなの?と思う方も多いと思います。
しかしTCカラーセラピーなどは1日の短期で資格を取得できることが多く、敷居が高くありません。
値段もそこまで高くなく、だいたい6〜7万ほどで学ぶことができるので手軽に仕事に活かせるのです。
サポートがしっかりしているスクールでは、ノウハウだけでなくアフターサポートも充実しているところがあるので、よく調べてから受講することをおすすめします。
埼玉のアトリエカラーや東京のWHITE-TARAはサロンとしてだけでなく、スクールとしても評判が良いのでおすすめです。

まとめ

カラーセラピーを仕事に活かすということでどのような仕事に向いているのか、そして資格取得講座についてご紹介してきました。
アパレルや営業など、カラーセラピーを活かすことができる仕事はたくさんあります。
色を通して「人」を見る力が身につくので、勉強して損はないジャンルだと思います。
相手の奥深くを見ることができるようになるということは、人間関係もうまくいきやすくなるということなのです。
そのため他人からだまされたり、人間関係のトラブルに発展したりすることが少なくなってきます。
このようなことを防ぐためにも、ぜひ1日から受けることのできる資格取得講座を利用して、知識を深めていってくださいね。

関連記事

  1. coler
  2. 買い物
  3. coler
  4. 空
  5. coler