カラーセラピーはストレスが強い人の味方!カウンセリングで解消方法を探っていこう!

カラーセラピーは癒しの時間を提供しているので、日々ストレスをため込んでいる人にとっては憩いの時間なのではないでしょうか。

でもストレスというのは敏感な人もいれば鈍感な人もいて、人によって感じ方に違いがあるのが普通です。

本人はストレスだなんてそんなことはないと思っていても、実はストレスだらけだったということもカラーセラピーでわかってしまうのです。

そこで今回は、カラーセラピーでどんな色を選んだらストレスを強く感じているのか説明していきたいと思います。

ストレスが強い人がカラーセラピーで選びやすい色とは?

ストレスを強く感じているかどうかというのは、自律神経が大きく関係しています。

ストレスを感じている時には自律神経でも交感神経が優位に立ち、神経が興奮している状態です。

カラーセラピーで自律神経を興奮させる色というのが、代表的なものでいうと赤です。

良く寝室に赤い色のものを置いておくと寝つきが悪くなると言われていますよね。

カラーセラピーは、それと同じことなのです。

他にもオレンジなどの暖色系は神経を興奮させる効果があるので、ストレスが強い時にはあまり身につけたり見たりようにしましょう。

オーラソーマなどで真っ先に赤を選ぶ人は、ストレスが結構強いと考えても良いのではないでしょうか。

カラーセラピーでストレス解消するためのアドバイス

カラーセラピーでストレスに強くなるいろというと、赤などの暖色系と真逆の青系である寒色のものを身につけることです。

寒色系には気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果があるので、高ぶった神経を鎮めることができます。

ストレスが多いときには、あえて寒色系の服を着てみたり小物を身につけてみたりすることで、気持ちが落ち着いてくる可能性があります。

こうしたストレスの度合いによって服の色を変えていくのもとても効果的なので、ぜひ試してみてくださいね。

逆に、やる気が起きなくてだらけてしまうときには赤色を身につけて目を覚ますというのも効果的なのです。

色というのは視覚から自律神経に直接作用するので、ホルモンバランスなども整えてくれます。

女性特有のストレスやイライラも、色によって改善していくことが期待できるので、色が持つパワーというのは計り知れないのです。

夜寝る前はなるべく寒色系を身につけるようにして、オレンジや赤などの交感神経が優位になる色はなるべく避けるのがポイントです。

各シチュエーションによって、色を使い分けてカラーセラピーを取り入れていきたいですね。

まとめ

カラーセラピーでストレスを解消したい!ということで、ストレスを感じているときにカラーセラピーで選びやすい色や鎮めてくれる色をご紹介してきました。

神経を興奮させるのが赤やオレンジなどの暖色系で、逆に神経を鎮めるのが青や水色などの寒色系なのです。

時間やシチュエーションによって、身につける色を変えていくことで、ストレスを最小限に抑えることができるようになります。

ぜひ様々な色の小物などを手に入れて、それぞれの気持ちに合わせたセレクトをしていきたいですね。
カラーセラピーは現代のストレス社会には、必要なカウンセリングだと思います。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. 風船
  5. パレット