カラーセラピーのチラシをうまく作るには?ハートを掴む作り方5選!

カラーセラピーのサロンのチラシを考えるうえで、重要なポイントを押さえておかないと逆効果になってしまうことがあるってご存知でしたか?

細かく決められた料金、メニューなどをパッと見ただけで分かりやすく簡潔に伝えることが重要なカラーセラピーのチラシ。

そこで今回は、そんな魅力的なチラシの作り方をご紹介していきましょう。

カラーセラピーのチラシで重要なこと

カラーセラピーのチラシというと、せいぜいB4かB5くらいの小さい紙に書かれている内容にすべてを集約していかなければなりません。

そんな難しいカラーセラピーのチラシ作りも、5つのポイントを押さえていればばっちり魅力的なものが作れちゃうんです!

①一目見て魅力的かどうか

まずは、パッと見て魅力的で「次」につなげられるかどうか…これが大切なポイントとなります。

チラシは見てもらわなければ、カラーセラピーのことを描いていることすらわかってもらえません。

カラー配色や文字の大きさなど、バランスが大切になってきます。

カラーセラピーの文字は、大きく書いてわかりやすくした方が良いでしょう。

②「Zの法則」を活用しているか

人は、まず左上から横に読み流す癖を持っています。

これを「Zの法則」と呼んでおり、チラシ作りでは欠かせない手法となります。

一番伝えたい情報を、左上にもっていくと良いでしょう。

③お客さんの悩みをひきだせているか

カラーセラピーに通うお客さんが何に悩んできているのかどうかを、しっかり考えて作成するのが一番です。

「最近〇〇に悩んでいませんか?」「こんな悩みを抱えていませんか?」と相手の気持ちに問いかけながら共感し、そのあとに「お任せください!」といった文面を入れると信頼度がアップします。

④不安を感じさせないか

カラーセラピーというと、テレビなどの報道のされ方などもあってスピリチュアルな占いとして誤認している人も少なくありません。

「カラーセラピー=怪しい」と考えている人も非常に多いのです。

少しでも誤解を解くためにチラシには心理学の観点から考えた論理的な文章を付け加え、読者に「カラーセラピーって本当はこんなものだったんだ!」とわからせるチラシを作りましょう。

⑤押しの一手があるか

チラシにただ情報をのせているだけでは、見ている人は「ふーん」で終わってしまいます。

そうならないためにも「今なら初回特別価格でカウンセリングをおこないます!」などの押しの一手の文章を入れていきましょう。

こういった文章を見てみると、なんだかお得そうだから行ってみようかなという気持ちになってくるのです。

まとめ

カラーセラピーのチラシ作りで心掛けた尾ポイントを5つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

とにかく大切なのは

・わかりやすいこと

・情報が見やすいこと

・悩みに共感してもらえること

・不安を感じさせないこと

・実際に行動にもっていかせること

これが重要なのです。

カラーの配色も華美になりすぎず、適度に余白を入れるとうさん臭さがなくなって信頼度が上がりますよ。

ぜひこの5つのポイントをしっかり押さえて、誰が見ても分かりやすくて素敵なお客さんが来るカラーセラピーのチラシ作りをしていってくださいね。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. coler
  4. coler
  5. coler
  6. スケッチブック