カラーセラピーのセッションとは?フラワーセラピーとは?

カラーセラピーのサロンのホームページなどを見てみると、必ずと言っていいほど書かれているのが「セッション」という言葉です。

セッションというと、バンドメンバーが演奏を合わせているイメージですが…カラーセラピーには、特有の意味がありそうですよね。

そこで今回は、カラーセラピーにおけるセッションとは何なのかを詳しくご紹介します。

カラーセラピーでよく聞くセッションってどういう意味?

セッションというと演奏などで複数の人たちが顔を合わせることを言いますが、カラーセラピーのカウンセリングでも同じようにセラピストと対話することを「セッション」というのです。

そのため、カラーセラピーを行っているサロンでのメニュー表などでは「○○カラーセラピーセッション」という名目で書かれている場合が多いのです。

セラピストと対話をしながらカラーセラピーをおこなうことで、その色が示す意味を踏まえながら様々な話をすることができます。

パーソナリティーストーリーワークでは現在の状態だけではなく、過去や未来などについても解き明かしていくことができるのでよりセッションとしての意味ではふさわしいカラーセラピーなのです。

セラピストがより豊かな人生を送れるように寄り添うことが、セッションにおいて最も重要なことなのです。

そして、自分が自分自身と向き合うことといった意味でもセッションと言えるのかもしれないですね。

自分のことを知ることで、新たな扉を開くことができたり今まで気が付かなかった面を知ることができたりするのでとても有意義な時間となるのです。

カラーセラピーのセッション料金はいくらくらい?

カラーセラピーのセッションは、どのくらいの金額がかかるものなのでしょうか。

TCカラーセラピーの場合、だいたい60分のセッションで3000~5000円というところがほとんどです。

そのサロンの資格取得講座に通っている場合は、さらに割引になる可能性があるので問い合わせてみるとお得ですよ!

考え方などの癖を見抜いてカウンセリングをする「ヴィジョン・スパイラル・セッション」は90~120分のカウンセリングで7000~9000円というところが多いようです。

カラーセラピーのことをスピリチュアルな面が強い占い的なものだと思っている人も多いのですが、実はきちんと人間の心理から理論的に紐解いていっている物なのです。

信頼できるカラーセラピーサロンのセラピストさんに出会えたら、ぜひどんどん自分から学びに行ってみてください。

セッション料金はマッサージなどのリラクゼーションと変わらない値段なので、自分へのご褒美として受けに行ってみることをお勧めします。

まとめ

カラーセラピーのセッションについて意味をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

セッションにはセラピストと対話をして様々な自分を引き出してもらうという意味もありますが…。

実は、自分自身と向き合う意味も含まれていることが分かりましたね。

自分と向き合うことで、新たな自分の一面に気づくこともあるかもしれません。

カラーセラピーのセッション料金としては、そこまで特別高い物ではないのでぜひ自分の考えに迷ったら受けに行ってほしいなと思います。

フラワーセラピーとは?

花など植物を使って心を癒すのがフラワーセラピーです。

カラーセラピーと違って、人間の五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)を使い心を癒していきます。花による色、香り、形を使ってその人の深層心理を読み解き、解決へと導き、癒しを与えるものです。

フラワーセラピーの種類

  • フラワーアレンジメント

花を自由にアレンジして、使われた花や色、アレンジメントの形などから心を読み解いていきます。カウンセリングは、セラピストがフラワーアレンジをする方法と、自分で自由に好きなようにアレンジして使われた花などから心を読み解く方法があります。好みの花を好きなようにアレンジするだけで、セラピストは心理を読み解いてしまいます。それは、花は種類や色によって様々な意味を持っているからです。選んだ花から様々な事を読み取っていくセラピストに驚く事でしょう。

  • フラワーエッセンス

花や植物のエネルギー(波動)を水に転写したものです。アロマオイルとは全く違うものです。フラワーエッセンスは飲む事が出来ます。飲まなくても、お風呂に入れたりする事も出来ます。花のエネルギーは安定しているので、その安定したエッセンスを取り入れる事で心身共にバランスを保ち、癒しを与えます。フラワーエッセンスは安全なものなので、赤ちゃんや子供、妊婦さんなども含めすべての人が使う事が出来ます。

  • フラワーカード

88枚の花カードから気になる1枚を選びます。選んだ花カードから現在の心の状態が読み取れます。88枚というと多いと思われるかもしれませんが、ざっと見ていくと、フッと気になるカードが必ずあります。そのカードは現在の自分が表れているので、その現実を知る事で自分が何をすべきなのかが見えてきます。

五感で感じる花のパワー

花には種類や色によって表す意味が違います。色の表す意味を見てみると、赤い花は行動に移す勇気や力を与えてくれますし、青い花は心を落ち着かせ物事を冷静に見る事が出来ますし、白い花はすべてをリセットし再出発する気持ちにさせてくれるなど、色や種類によって表す意味は様々。

花によって自己を見つめるだけでなく、誰かに花を贈る時にもフラワーセラピーは大いに役立ちます。相手の状況に応じて花を選べば、贈った花が相手の力となってくれる事でしょう。誰かに花を贈りたい時も、フラワーセラピーセッションを受けられます。

フラワーセラピーの種類としては花を使うもの、花のエッセンスを使うもの、花カードを使うものが主なセッションになりますが、フラワーセラピーは五感で感じるものなので、この3つの他にもアロマやハーブティー、ハーブを使った料理によるセッションもあります。花も生花や造花、ブリザートフラワーなど様々。花に触れる事で自己の気付きや癒しを与えるのがフラワーセラピーなのです。

色とりどりの花が心を癒す

自然の中で色があふれているものは、やはり花ではないでしょうか。色とりどりの花に囲まれていると、不思議と心が和むものです。季節の訪れを感じさせてくれ、その美しさに目を奪われてしまいます。また人を喜ばせたり、励ましたりする身近な存在でもあります。この花をセラピーに取り入れたのがフラワーセラピーです。カラーセラピー的要素に加えて、花による独特のセラピー効果も重なります。花に触れることで、悩みや疲れが癒されるとされます。花が視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚といった五感を刺激し、心身のバランスを整えます。脳を活性化させ、ストレスから解き放ってくれるとされます。それでは、このフラワーセラピーについて説明していきます。

フラワーセラピーの魅力

フラワーセラピーは、花を用いた芸術療法とも呼ばれています。花による色彩心理、アロマテラピー、フラワーアレンジメントなどを統合させたセラピーになります。自由にアレンジした花から心理分析することができます。花のエネルギーを受け取ることで、心身の健康を保てるとされます。花には色、香り、形があり、それぞれ持つ良い部分を最大限に活かして感性を満たします。部屋に花を飾るだけで、気分が明るくなったり、リラックスできます。人は、リラックスするとアルファ波という脳波を出します。基本的にこれらを体系建ててセラピーとしているわけです。

フラワーセラピーでの花の効力

花には、それぞれに効能的な作用があるとされます。その中で主なものを挙げてみます。朝顔は、神経のバランスを整え心身の緊張をほぐします。かすみ草は、不安を解消させ精神を安定させます。カーネーションは、体の毒素を排出します。ゆりは代謝機能をアップさせます。バラは、滋養強壮に作用します。スイトピーは緊張をほぐし、体を温めます。ひまわりは、活力をアップさせます。スイセンは、興奮を鎮めます。コスモスは、心と体をリフレッシュさせます。フリージアは、心身をリラックスさせます。ダリアは、血流を促進し、疲労を回復させます。チューリップは、心と体のバランスを整えます。

フラワーセラピーでの花の意味

フラワーセラピーは、見ているだけで癒される面があるとされます。特に花の持つ色が心身に強く影響しているようです。赤い色の花の意味では、向上心や行動する意欲を高めるとされます。勇気や気力も与えるようです。何か目標があったり、頑張りたい時に力になる色となります。ピンクの花では、心身の緊張をほぐし、優しい気持ちにさせるとされます。日々の暮らしに疲れた時に力になる色です。青の花では、精神を落ち着かせ、理性と自制心をもたらすとされます。何事もうまく行かず自暴自棄になっている時に力になる色です。黄色の花では、コミュニケーション能力を高めるとされます。対人関係でストレスを感じた時に力になる色です。紫の花では、精神を鎮静化させるとされます。イライラしている時に力になる色です。白い花では、心をクリアにするとされます。心機一転を考えている時に力になる色です。

 

まとめ・花の色彩が中心のセラピー

フラワーセラピーには、色彩心理学やフラワーアレンジメントの要素があり、花が視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚といった感覚を刺激して、心身のバランスを整えることがわかります。ただ単に花の美しさを愛でることもでき、アロマテラピーの要素もあります。花の放つエネルギーを受け取ることにより、新陳代謝をアップさせたり、気持ちを落着かせることができます。身体的な影響だけでなく、人の内面にも作用する芸術療法と言えます。緊張をほぐしたい、勇気が欲しい、対人関係を良くしたいなどの願いに花が力を貸してくれます。女性的な魅力やロマンティックな雰囲気をもたらすこともあります。フラワーセラピーで、これらの花がもたらす効果を上手に活用したいものです。

まとめ

カラーセラピーセッションを受けたいと思った時、もし花が大好きならフラワーセラピーがおすすめです。花に触れる事で自分を見つめ、花のパワーで次にやるべき事が見えてきます。五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)すべてを使ってセッションを受けられるので、花のパワーを全身で受け止めてください。

関連記事

  1. Color
  2. Color
  3. Color
  4. 靴