カラーセラピーにおけるキャッチコピーについて

キャッチコピーとは

キャッチコピーとは、告知や宣伝に用いられ、人目を集めたり、集客をするためのフレーズのことです。
簡単に言えば、宣伝用の謳い文句のことです。主に商品や作品の宣伝に用いられます。
カラーセラピーのサロンを立ち上げたり、セラピーのイベントを実施する際などに、こうしたキャッチコピーが重要になってきます。
優れたキャッチコピーを用いることで、集客の効果を高めたり、来てほしいターゲットを明確に絞るなどの効果があります。
ここでは、キャッチコピーを作成するために有効なテクニックについてご紹介します。

ターゲットを明確にすること

キャッチコピーを作成する際は、誰に伝えるのか、伝える相手であるターゲットを明確にすることが有効です。
誰でもできる、といった表現は一見わかりやすく、また誰でもできるということで優れている印象があると思うかもしれません。
ところが、人間は無意識に自分をこうであるとか、ああであるとか、自分についての枠組みを作っているものです。
そのため、誰でもという表現は、人間心理においては、実は自分のことではない、と無意識に認識される可能性が高いのです。
それを踏まえると、ターゲットを明確にした表現をキャッチコピーに用いることが有効です。
例えば、ママさん1年生の方必見!や、3年目のジンクスに悩む新人に送る!といった表現は、ターゲットを明確にしています。

具体的な数字を盛り込む

キャッチコピーの文章には具体的な数字を盛り込むことが有効です。数字を盛り込むことで、キャッチコピーの具体性と説得力が高まります。
これで売り上げが大きく伸びる、という表現よりも、これで売り上げが30パーセント伸びる、という表現の方が、相手に強くメリットを訴えかけます。
また、数字を用いることで、文章としてのキャッチコピーが目に入りやすくなります。それは、数字には人目を惹きつける力があるからです。
例えば、
中高年の多くが涙した、青春に立ち返る癒しのセラピー
中高年の70パーセントが涙した、青春に立ち返る癒しのセラピー
2つの文章は数字が入っているかの違いだけですが、文章を読み始める前から、数字の箇所に惹きつけられることがわかります。
このように、数字をキャッチコピーに盛り込むことは重要です。

簡易性が伝わる表現を用いる

簡易性が伝わる表現とは、この商品やサービスは簡単に使うことができますよ、ということをキャッチコピーの中で示すということです。
キャッチコピーが宣伝している商品やサービスが優れていても、それを扱うことが難しければ、その魅力は半減してしまします。
たとえ本当は難しくなかったとしても、そのような印象を与えることを防止するという観点からも、簡易性が伝わる表現は重要です。
例えば、1日でマスターできるカラーの極意、1日10分を続けるだけで潜在意識に刻み込む、といった表現が簡易性が伝わるものになります。

まとめ

キャッチコピーを作成するために有効なテクニックについてご紹介しました。
ターゲットを明確にすること、数字を盛り込むこと、簡易性を伝えることの3つになります。
これらは少し工夫すればすぐに表現できることなので、カラーセラピーのイベントの告知などにおいて、キャッチコピーを作る際に活用することができます。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. 水玉
  4. coler
  5. coler