カラーセラピーとチャクラの関係について!カラーセラピーを無料で学ぶ方法

あなたは「チャクラ」という言葉を聞いたことがありますか。実は、チャクラはカラーセラピーと切っても切れない結びつきがあるのです。こちらでは、チャクラとはそもそも何なのかということとカラーセラピーとの関係についてご紹介します。

チャクラとは?

「チャクラ(chakra)」とは、サンスクリット語で「車輪、輪、円」を意味することばです。そしてここでいうチャクラは、人間の体内に出たり入ったりしているエネルギー(気)の出入り口を指します。別のことばで分りやすく言うと「経路(ツボ)」のことです。

人間の体には、尾てい骨から頭頂部まで背骨に沿って7つのチャクラが存在しています。それぞれのチャクラには色があり異なるはたらきを持っています。チャクラは、脈動に合わせて開いたり閉じたりしていて、時計回りに渦巻状にぐるぐると回りながら気を取り込んでいます。

全てのチャクラのバランスが整っている時は心身にエネルギーが満ちていて健康な状態ですが、逆にバランスが乱れて閉じてしまっているチャクラがあると病気になりやすい状態になります。

チャクラの場所

チャクラの場所とそれぞれのはたらき、持っている色は下記の通りです。

第1チャクラ

  • 場所:尾てい骨、生殖器
  • 色:レッド(ムーダラレッド)
  • はたらき:生命エネルギーの土台。生きるためのエネルギーを取り入れる場所です。
  • バランスが整っている状態:生きていく基盤となる衣・食・住や仕事面など、現実を生きていくための強い心が生まれます。

第2チャクラ

  • 場所:丹田(おへそから指3〜4本分下のところ)
  • 色:オレンジ(スヴァンディシュターナ)
  • はたらき:自分自身の本質と関係していて、人間関係や生きる楽しみと関係しています。
  • バランスが整っている状態:人とつながることで喜びを感じ、自己肯定感が生まれます。

第3チャクラ

  • 場所:みぞおち
  • 色:イエロー(マニプーラ)
  • はたらき:自律神経のはたらき、自分の意思や感情と関係しています。
  • バランスが整っている状態:自信がみなぎり能力を発揮しやすくなります。

第4チャクラ

  • 場所:胸の真ん中
  • 色:グリーン(アナハタ)
  • はたらき:自分や他人に対する無条件の愛情と関係しています。
  • バランスが整っている状態:ありのままの状態を受け入れ感情をうまくコントロールすることができるようになります。

第5チャクラ

  • 場所:のどぼとけの下
  • 色:ターコイズブルー(ヴィシュダ)
  • はたらき:自分らしさを表現したり、円滑なコミュニケーションと関係しています。
  • バランスが整っている状態:自分の思っていることを素直に表現することができ、人とうまくコミュニケーションが取れるようになります。

第6チャクラ

  • 場所:眉間
  • 色:ロイヤルブルー(アジーナ)
  • はたらき:目や神経系、洞察力や感性と関係しています。
  • バランスが整っている状態:感受性が強くなり直感がはたらき、インスピレーションが得やすくなります。

第7チャクラ

  • 場所:頭頂部
  • 色:バイオレット(サハスラーラ)
  • はたらき:あらゆるものへの愛と関係しています。
  • バランスが整っている状態:幸運や不運をありのまま受け止め、どちらも自分にとって必要なものだと肯定的に受け止めることができるようになります。

カラーセラピーとチャクラの関係

では、このチャクラはカラーセラピーとどのような関係があるのでしょうか。

上記でも説明したように、7つのチャクラはそれぞれ別々の色を持っています。この色は、実際に波動として体から発せられており、活性化しているチャクラの色がオーラとなって現れます。これはオーラを映し出す特殊な機械で撮影することによって自分のオーラの色をチェックすることができます。

7つのチャクラが全て活性化していれば健康な状態で問題がないのですが、心と体の状態によってチャクラのバランスが崩れたりしてしまいます。その時にバランスの乱れているチャクラの色を使ってヒーリングを行なうことでチャクラのバランスを整えることができます。

そして、自分はどのチャクラのバランスが乱れているのだろうということをチェックするのにカラーセラピーは役立つのです。カラーセラピーでは直感で気になる色のカラーボトルなどを選びとりますが、その選びとった色が正にバランスが乱れているチャクラの色なのです。

カラーセラピーでチャクラバランスを整える方法

では、カラーセラピーでどのようにしてチャクラバランスを整えることができるのでしょうか。

その質問に答える前に知っておいていただきたいのは、色は波動であり電磁波の一種であるということです。そして、チャクラにも色があり波動を持っています。このカラーセラピーで選びとった「今のあなたに必要な色」を実際に日常で取り入れて使っていくことで、その色の波動がチャクラの色の波動と合わさって、その色が持っているエネルギーをアップさせることができます。そして、エネルギーがアップすればチャクラが活性化するということになります。

このようにしてカラーセラピーでは、チャクラバランスを整えるために必要な色を見つけ出す手助けとなります。カラーセラピーは、チャクラの考え方がベースとなっているということがお分かり頂けると思います。

カラーセラピーについて無料で学ぶには

カラーセラピーについて学ぶためのオーソドックスは方法は、カラーセラピーのセッションを行うことができるカラーセラピストの資格の講座を受講して、資格を取得することです。
とはいえ、カラーセラピストの講座を受講するためには、ある程度まとまったお金が必要になりますし、講座を最後までやり通して資格を得るためには、同じくまとまった時間が基本的に必要になります。
そういった余裕がないときに、カラーセラピーについて、無料である程度まで自分で学ぶための方法についてみていきます。
また、カラーセラピーの資格を取得しようかどうか迷っているときにや、自分とカラーセラピーの相性や適性があるかどうかを調べるためにも、同じ方法が役立ちます。

ホームページから学ぶ

カラーセラピーについて無料で自分で学ぶための1番身近で簡単な方法は、インターネットを活用することです。
カラーセラピーについてインターネットで検索し、該当するホームページを読み込むことで、カラーセラピーについての知識を得ることができます。
参考になるホームページとしては、無料でカラーセラピーのセッションを体験できるサイトや、カラーセラピストとして活動しているサロンのサイトなどがあります。
注意点としては、カラーセラピーにも様々な流派や考え方があるため、それぞれのホームページから得た断片的な知識を統合したり整理することが難しいということがあります。
また、自分の知識や理解が正しいのかどうか、他者に質問したり確認する機会がないため、誤解したり間違った勉強方法に陥ってしまう可能性もあります。
特に、ホームページ上で無料で得られる情報は、カラーセラピーについての導入や基礎知識の部分である場合が多いため、一般に深く掘り下げて学ぶことは難しいといえます。

書籍から学ぶ

自分で学ぶ次の方法は、カラーセラピーに関する書籍を読んで知識や技術を学ぶことです。
書籍であれば、ある程度体系的に学ぶことができるので、ホームページの情報を収集するだけでは難しい、知識の整理をすることができます。
書籍を購入する場合はお金がかかるので無料で学ぶとはいえませんが、図書館などで借りて読むことができれば、無料で自分で学ぶことができます。
他方、カラーセラピーは専門的な細かい知識についての分野といえるため、図書館などで該当する書籍を入手することが難しい場合があります。

無料のメール配信を利用する

最後の方法は、カラーセラピーについて無料で学ぶことができるメールマガジンを申し込んで勉強する方法です。
メールマガジンに申し込むだけでよいので、様々なホームページから情報を収集して自分で整理したり、書籍を探したり入手するために図書館などに足を運ぶ必要がなく、手軽な方法になっています。
他方、やはりお試し制度としての側面があるため、知識の基礎部分以外を得ることは難しいといえます。

まとめ

カラーセラピーを無料で学ぶ方法についてみてきました。ホームページ、書籍、メルマガの3つの方法があります。
3つそれぞれに無料で学ぶ場合の注意点があるので、それぞれの特徴を上手に利用することがコツといえます。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. カラーセラピー診断
  2. Color
  3. Color
  4. レター
  5. Color