カラーセラピストの資格取得のメリット

カラーセラピストの資格取得

カラーセラピーのセッションを実施して人を癒すカラーセラピストは、スクールや通信講座を受講して修了することで、その資格を得ることができます。
他方、端的に言えば、カラーセラピーのセッションを実施することは、確かな知識と技術さえあれば可能です。必ずしもカラーセラピーを行うために資格は必須ではありません。
それでは、カラーセラピストの資格取得にはどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、資格を取得することのメリットについてみていきます。

体系的に勉強できる

カラーセラピーには様々な方法がありますが、資格取得のためのプログラムや講座は、カラーセラピーのための知識や技術が体系的に組まれています。
資格取得のための勉強では、単なる技術だけでなく、その技術についての古来からの歴史や流れなども勉強することができます。
それによって、単なる小手先のテクニックではない、先人の知識や経験に裏打ちされた、確かなスキルを習得することができます。

自分の知識や技術を客観的に確認できる

カラーセラピストの資格を取得するためには、体形的に組まれた講義やプログラムを最初から最後までやり通す必要があります。
その学習の過程と資格取得という結果を通して、自分のカラーセラピーについての知識や技術のレベルを客観的に確認することができます。
また、カラーセラピーの資格や経験をすでに持っていても、他のカラーセラピーの手法についての資格の勉強をすることで、新しい発見をしたり、新たな技術を会得することもできます。

プロフィールに資格を記載できる

独学でカラーセラピーの勉強をしただけでは、それをプロフィールとして他者に理解される形でまとめるのは難しいところがあります。
カラーセラピストの資格を取れば、自分の勉強や努力の結果について、他者に分かりやすい形で記載することができます。
特に、サロンを開くなどカラーセラピーを本格的に仕事として実施する場合には、資格という目に見える形で自分のスキルを証明できることは大きなメリットになります。

その資格のノウハウを得られる

カラーセラピストの資格を取って学校や団体に認定されることで、その資格についてのノウハウを得ることができます。
例えば、その団体の名前でセラピストとしてサロンを開いたり、セラピストの養成講座を開くことができるようになります。
また、サロンを経営するためのコツを教えてもらったり、資格保有者同士の勉強会などが定期的に開かれることもあります。
カラーセラピーのサロンを全て自力で開催することは難しいですが、資格を保有することで、その団体のバックアップを受けられるようになります。

まとめ

カラーセラピストの資格取得には、自分のセラピストとしての知識や技術のレベルを客観視したり、セラピストとして営業する際に役立つノウハウを得ることができるなど、様々なメリットがあります。
カラーセラピストの資格を取得することで新たな道を開くことができます。それによって自分のスキルや可能性を高めるだけでなく、クライアントとして訪れる他者とのセッションを通じて、共に高めていくことができると良いといえます。

関連記事

  1. coler
  2. coler
  3. 色鉛筆
  4. coler
  5. coler