アロマテラピーとカラーセラピーについて

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、香りを使用して身体と心の調子を整えて健康を得たり、美容の効果を得るための療法のことです。
心地よい香りによって身体や脳が刺激を受けて、心を静めてリラックスさせたり、ホルモンの分泌を促したり、免疫力を向上させたりなどの効能があります。
アロマテラピーには、花や植物を原料とした精油を用います。精油は赤や青、緑などの色がついています。
アロマテラピーとカラーセラピーは人を癒すという点で共通した目的と効能があり、アロマに用いる精油は丁度カラーセラピーで用いる色と親和性があります。
そのため、アロマテラピーとカラーセラピーを融合させたセラピーも存在します。今回は、それについてご紹介します。

書籍について

幸せを呼ぶアロマ×カラーセラピー ~色と香りのミラクルメソッド~
マイナビ/272ページ
は、アロマとカラーを融合させたメソッドについての書籍です。
これは、アロマテラピーの有する心理作用と、カラーセラピーと色彩心理学の理論とを組み合わせた独自のメソッドです。
著者はアロマテラピーとカラーセラピーの2つについて精通したプロフェッショナルで、それぞれについての知識と経験を活かした内容となっています。
8つのカラーと50の精油を用いたアロマのレシピについて、フルカラーでわかりやすく紹介しています。
本の基本的な使い方として、まずは直感と心理分析を用いたテストを実施して、自分のテーマカラーを導き出します。
テーマカラーは自分の潜在意識やパーソナリティーを象徴する色です。その色に基づいて、次は自分に適した精油をセレクトします。これは自分の導きや支えとなってくれる香りです。
色と精油が導き出されたら、最後は自分でセルフケアを実施して自分を癒せるアロマのレシピを参照することができます。
こうした一連の作業を通じて、アロマとカラーを融合させたメソッドについての知識や技術を自然に学んでいくことができます。

講座について

カラーアロマライフは、植物性の天然エッセンシャルオイルを用いた12色の精油を使用するメソッドです。
12色の精油はアロマテラピーとカラーセラピーのコラボアイテムで、日常生活の中で色と香りの2つの側面から癒しを楽しめるように作られたものです。
精油は色を用いた心理リーディングに使用したり、部屋のインテリアや入浴、香水などに用いるなど、様々な場面で自由な使い方をすることができます。
精油を用いてカラーアロマライフを実施する、カラーアロマライフィスト講座も開催されています。費用は教材費込みで2万7000円で、12色の精油とテキストが教材として付属します。
講座は日常生活における色やアロマの活用方法を1日で学ぶ形式のもので、所要時間は5時間ほどです。
講座では、カラーとアロマの基礎を学ぶワーク、アロマブレンドの作り方、日常でのカラーとアロマの活かし方などを学ぶことができます。
カラーアロマライフィストの講座は、東京や神奈川、神戸などのカラーアロマライフの各サロンで受講できます。

まとめ

アロマテラピーとカラーセラピーを融合させたメソッドについてご紹介しました。
2つのセラピーは共通性と親和性があり、並行して学ぶことでそれぞれの理解をより深めていくことができます。

関連記事

  1. カラーボトル
  2. coler
  3. 色鉛筆
  4. 色鉛筆
  5. coler